「無料で宿泊」要求で批判殺到のユーチューバー、『逆ギレ』でさらに炎上

「無料で宿泊」要求で批判殺到のユーチューバー、『逆ギレ』でさらに炎上



20歳の女性ユーチューバーの無礼なお願いにホテルのオーナーが怒りの公開処刑。



ユーチューバーの「在り方」が問われている



 アメリカ人ユーチューバーのローガン・ポールが、日本の青木ヶ原樹海で発見した男性の遺体を動画投稿サイトのYouTubeにアップしたことで大炎上したことが記憶に新しいが、それ以降、日本だけでなく世界でもユーチューバーたちの「行き過ぎた行為」が問題視されるように。



 そして今回、またある1人のユーチューバーが無礼なお願いをして批判の的となっている。



ELLEさん(@elledarby_)がシェアした投稿 - 1月 14, 2018 at 2:11午前 PST



 インスタグラムのフォロワー数約79,000人に加え、YouTubeチャンネルの視聴登録者数約90,000人の自称「ソーシャルメディア・インフルエンサー」のエル・ダービーが、ダブリンにある「the White Moose Café and Charleville Lodge Hotel」という宿泊施設に「無料で宿泊させて」とお願いしたたのが事の発端。



「無料で宿泊」要求で批判殺到のユーチューバー、『逆ギレ』でさらに炎上



 彼女がホテル側に送ったメールは、自身のYouTubeチャンネルに投稿する動画やインスグラムでホテルのことを紹介するかわりに、「タダで泊めて欲しい」という内容のものだった。



 「SNSで紹介することで対価を得る」ということを職にしているエルに悪気はなかったのかもしれないが、彼女のお願いを失礼と感じたホテルのオーナーは怒り心頭。



「無料で宿泊」要求で批判殺到のユーチューバー、『逆ギレ』でさらに炎上



 同ホテルのフェイスブックに「ソーシャル・インフルエンサーの方へ」というタイトルで長文の抗議文を投稿すると、「普通の人と同じように料金を支払うことをおすすめします。もし、ホテル側にもメリットがあると感じた場合には、スイートへのアップグレードがあるかもしれません」と締めくくった。



 しかし、公の場で非難されたことが気に食わなかったエルは、自身のYouTubeチャンネルで反論する内容の動画を投稿。「無料で泊まりたい」と話した経緯をいちから説明し、彼女のことを全世界にさらしたオーナーの対応を批判したのだが、かえってそれが逆効果だったようで結果的にさらに炎上することに。





 エルのファンが、ホテルのオーナーに対して嫌がらせで評価を下げるようなレビューを書いているという報道もあり、彼女だけでなくファンのモラルまで問われている。



※記事内にてホテル側の投稿文の冒頭訳を「ソーシャル・インフルエンサーの方たちへ」と記載していましたが正しくは「ソーシャル・インフルエンサーの方へ」です。

あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る 2018年1月20日のびっくり記事
「「無料で宿泊」要求で批判殺到のユーチューバー、『逆ギレ』でさらに炎上」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ユーチューバーはなぜか特権意識の上から目線。勘違い甚だしい「自営業」。「タダで泊めてくれればウチの客が来るんだけど?」なんて交渉する八百屋さんはいませんよ。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。