アメリカの銃規制、セレブの間でも割れる意見

アメリカの銃規制、セレブの間でも割れる意見
拡大する(全1枚)

アメリカの銃規制、セレブの間でも割れる意見の画像はこちら >>



米フロリダの高校で19歳の元男子生徒が銃を乱射して17人が死亡。アメリカの学校で発砲事件が起きるのは、今年に入ってからすでに18回目。セレブ界では銃規制に対する訴えが強まっているが。



生活の身近に「銃」があるアメリカ



武装することが憲法で権利として保障されているアメリカ。セレブの発言からも、地域によっては銃と共に育つことがアメリカの"普通"であることが分かる。



ブラッド・ピット



「僕の地元では、先祖の武器を継承する通過儀礼があるんだ。兄は父の銃をもらった。僕は幼稚園生の時に祖父のショットガンをもらったよ」ー2014年にRadio Timesにて



ジョニー・デップ



「自分が子供のころは、並べた缶をライフルやハンドガンや時にはサブマシンガンで撃つ遊びをしていた。ただ当時はもっと控えめな環境で、人を撃ったりなんてなかったし、撃つのも缶や瓶だったよ」-2009年にStarPulseにて



銃規制「賛成派」のセレブたち



 銃による悲劇があとを絶たないなか、アメリカでは銃規制を求める声が年々強まっている。とくに大きな事件が起きた直後は議論が過熱し、今回フロリダの高校で起きた銃乱射事件後にも「Gun Control Now(今すぐ銃規制を)」という言葉がツイッターで世界トレンド入り。以下は、今回の事件後に投稿された、銃規制を求めるセレブからのツイートの一部。



リース・ウィザースプーン



「また新たに学校で発砲事件があったことに心を痛めている。2018年は45日しか経っていないのに、これで18回目の事件。銃による無意味な暴力を防ぐために、もっと行動が必要です」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ブラッド・ピットのプロフィールを見る
FRONTROWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ブラッド・ピット」に関する記事

「ブラッド・ピット」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ブラッド・ピット」の記事

次に読みたい「ブラッド・ピット」の記事をもっと見る

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク