ホラー史に残る大ヒット映画『クワイエット・プレイス』の日本公開日が決定!

ホラー史に残る大ヒット映画『クワイエット・プレイス』の日本公開日が決定!



全米のホラー映画史に残る社会現象級の大ヒットを記録した映画『クワイエット・プレイス』が、9月28日に日本公開されることが決定した。



ホラー史に残る大ヒット映画がついに日本上陸



 4月に全米で公開された映画『クワイエット・プレイス』は、累計約200億円を稼ぎ出し、シリーズ・続編を除くオリジナルの作品で2018年度No.1を記録する、ホラー映画で類を見ない世界的大ヒットを続けている。



 そんな大ヒットホラー映画が、ついに9月28日(金)に日本でも公開される。



 ホラー史に残る快進撃を繰り広げている同作は、全米公開初週には、ホラー映画トップを記録していた『ゲット・アウト』や、『ドント・ブリーズ』をはるかに超えるオープニング記録を打ち立て、歴代のホラー映画の記録を打ち破った。



 さらに、辛口映画評論サイト「ロッテン・トマト」では、95%の高評価。業界人からの評価も高く、映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の原作者スティーヴン・キングや、クリス・プラット、ライアン・レイノルズらがこぞってSNS上で作品を絶賛した。



 90分間緊張から抜け出せない、新体感サバイバルホラー『クワイエット・プレイス』に期待が高まるばかり。





あらすじ―「音を立てたら、即死」



 音に反応し人間を襲う“何か”によって人類が滅亡の危機に瀕した世界。そこでは、あるルールを守り、生き延びる1組の家族がいた。



 「決して、音を立ててはいけない」。その“何か”は、呼吸の音も逃さず、一瞬でも聞かれると即死する。手話を使い、裸足で歩き、道には砂を敷き詰め、静寂と共に暮らす彼らだが、なんと母親は出産を目前に控えているのであった。



 果たして彼らは、最後まで沈黙を守れるのか―?



 静寂に包まれた世界で、3人の子供を育てる母親エヴリン役を女優エミリー・ブラントが、聴覚障害を持った娘役は新星ミリセント・シモンズが務める。



 彼女を支える夫リー役を、エミリーの夫であるジョン・クラシンスキーが演じ、同作の監督も務める。



 製作は『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイと、その製作会社「プラチナム・デューンズ」が手がけている。



『クワイエット・プレイス』
監督・脚本・出演:ジョン・クラシンスキー
キャスト:エミリー・ブラント、ミリセント・シモンズ、ノア・ジュペ
配給:東和ピクチャーズ
(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.



(フロントロウ編集部)

あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年6月1日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。