眼帯女性ジャーナリストの実話を基にした『ア・プライベート・ウォー』予告編
拡大する(全1枚)

眼帯女性ジャーナリストの実話を基にした『ア・プライベート・ウ...の画像はこちら >>



映画『ア・プライベート・ウォー』(原題:A Private War)の予告編動画が到着した。



 『ア・プライベート・ウォー』は、実在した女性戦場ジャーナリストのメリー・コルビンの実話を基にして作られた作品。メリーは怖いもの知らずの勇敢なジャーナリストで、様々な危険な戦場へと足を運んでいた。



 だが、スリランカの内戦へ行った際に砲弾を受けてしまい失明してしまう。それ以降、彼女は眼帯がトレードマークのジャーナリストとして知られるようになる。シリアで紛争に巻き込まれ銃殺されてしまうまで、自分の私生活や安全を犠牲にしてまでも、正義のために、最前線で報道し続けた彼女の人生が描かれている。



 監督を務めたのは、マシュー・ハイネマン。彼はアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた作品の監督を務めた経験を持つ。そして撮影監督を担うのが、ロバート・リチャードソンで、彼もアカデミー賞撮影賞に9回ノミネート、そのうち3回受賞している名監督。



 メリー役をロザムンド・パイクが演じ、他にも『フィフティ・シェイズ』シリーズのジェイミー・ドーナン、スタンリー・トゥッチなどが出演する。



 『ア・プライベート・ウォー』は11月16日全米公開。日本公開は未定。





(フロントロウ編集部)