ディズニーランドの「マーベル」新エリア、映画作品との『ある共通点』とは?

ディズニーランドの「マーベル」新エリア、映画作品との『ある共通点』とは?



米カリフォルニア州のアナハイムにあるディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーに、2020年にオープン予定のマーベルをテーマにしたアトラクションやレストラン、店舗のさらなる詳細情報が明らかになった。(フロントロウ編集部)



マーベル新エリア全貌が徐々に明らかに



 米WDW News Todayによると、マーベルの新エリアができるカリフォルニア・アドベンチャーでは、2020年にまず「フェーズ1」として『スパイダーマン』シリーズのアトラクションや映画『ドクター・ストレンジ』のショー、マーベル作品をテーマにしたレストランなどをオープンし、その1、2年後に「フェーズ2」として『アベンジャーズ』シリーズのアトラクションや新たなショップを加え、規模を拡大していく予知だという。



ディズニーランドの「マーベル」新エリア、映画作品との『ある共通点』とは?



 この「フェーズ1」「フェーズ2」という呼称は、マーベル・シネマティック・ユニバースが、2008年公開の『アイアンマン』から2012年公開の『アベンジャーズ』までを「フェーズ1」、そして2013年公開の『アイアンマン3』から2015年公開の『アントマン』までを「フェーズ2」と呼んでいたことに由来する。



ディズニーランドの「マーベル」新エリア、映画作品との『ある共通点』とは?



 マーベルの新エリアはカリフォルニア・アドベンチャーだけでなく、中国・香港とフランス・パリのディズニーランドでもオープンすることが決まっており、上の画像はディズニーが公開したそれぞれの新エリアの「ヒント」が描かれたポスター。左から、カリフォルニア、香港、パリの順。


あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る 2018年10月28日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。