ディズニーがダークヒーロー!?映画『アルテミスと妖精の身代金』の日本公開が決定!
拡大する(全2枚)

ディズニーがダークヒーロー!?映画『アルテミスと妖精の身代金...の画像はこちら >>



今度のディズニー映画の主人公はダークヒーロー! 新しいディズニーファンタジー映画『アルテミスと妖精の身代金』の日本公開時期が決定した。(フロントロウ編集部)



主人公は「悪のハリー・ポッター」!?



 今回待望の映画化となったのは、映画『アルテミスと妖精の身代金』。この映画の原作となる『アルテミス・ファウル』は、シリーズ全8巻が全世界で発行部数2,500万部を超える大ベストセラーになっている児童文学小説。



 ストーリーの主人公は、伝説的な犯罪一家に育ち、天才的な頭脳を持つアルテミス。彼はある日父親を誘拐した犯人から電話を受ける。誘拐犯が要求してきたのは、妖精たちの持つフェアリーゴールド。それを手に入れるためアルテミスは妖精たちを襲おうとするのだが、妖精たちは人間界よりもハイテクな社会を創り出していて…。



ディズニーがダークヒーロー!?映画『アルテミスと妖精の身代金』の日本公開が決定!



 原作ファンの間では、『ハリー・ポッター』シリーズと比較して、この映画を「悪のハリー・ポッター」と呼んでいる人も多いそう。



 主人公アルテミスを演じるのは、オーディションで1,200人以上の候補者の中から選ばれた俳優フェルディア・ショー。彼は今作でスクリーンデビューを果たすことになる。



監督は、まさかのハリー・ポッターのあの人!



 今作の監督を務めるのは、イギリスの名俳優であり監督のケネス・ブラナー。『マイティ・ソー』や『シンデレラ』などの監督を務めてきた彼だけれど、実は『ハリー・ポッターと秘密の部屋』で、ナルシストでダメダメなギルデロイ・ロックハート先生を演じていたことも。





 映画『アルテミスと妖精の身代金』は、日本で2019年秋に公開が決定している。(フロントロウ編集部)

この記事の画像

「ディズニーがダークヒーロー!?映画『アルテミスと妖精の身代金』の日本公開が決定!」の画像1 「ディズニーがダークヒーロー!?映画『アルテミスと妖精の身代金』の日本公開が決定!」の画像2