『スター・ウォーズ』最終章の映像が初公開、「笑い声」の正体をマーク・ハミルが暴露

『スター・ウォーズ』最終章の映像が初公開、「笑い声」の正体をマーク・ハミルが暴露



先日解禁になったシリーズ最終章『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)』の特別映像で、最後に聞こえる不気味な笑い声の持ち主は一体誰?ルーク・スカイウォーカー役の俳優マーク・ハミルがその正体について明かした。(フロントロウ編集部)



レイア姫&36年ぶりに“あの人”が登場



 半世紀近くにわたって続いてきた『スター・ウォーズ』シリーズの集大成となる、映画『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー(原題)』の映像が初公開され、全世界のスター・ウォーズファンを興奮させまくっている。





 前作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でレイにジェダイの心得を教えた、“伝説のジェダイ”ルーク・スカイウォーカーの「我々はすべて伝えた。はるかな歴史が君の中に。だが、これは君の戦いだ」という言葉で始まり、「我々はつねに君と共に。誰ひとり消え去っていない」という言葉で終わる約2分間の映像には、砂漠に1人たたずむレイが、ライトセーバーを手にタイ・ファイターに乗った何者かを迎え撃つ場面のほか、故キャリー・フィッシャー演じるレイア姫と抱き合う場面も。



『スター・ウォーズ』最終章の映像が初公開、「笑い声」の正体をマーク・ハミルが暴露

レイと熱い抱擁を交わすキャリー演じるレイア姫。

画像参照:https://www.youtube.com/watch?v=adzYW5DZoWs

 監督のJ・J・エイブラムスがファンイベントで語った話では、レイア姫は極めて重要なシーンで登場することになるという。



 また、本作では1983年公開の映画『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』以来、約36年ぶりにランド・カルリジアン役のビリー・ディー・ウィリアムズがカムバックを果たす。



『スター・ウォーズ』最終章の映像が初公開、「笑い声」の正体をマーク・ハミルが暴露

チューバッカとともにミレニアム・ファルコンを操縦するビリー演じるランド。

画像参照:https://www.youtube.com/watch?v=adzYW5DZoWs

 さらに、1977年公開の映画『スター・ウォーズ/新たなる希望』でハン・ソロとルーク・スカイウォーカーが授与された“メダル”が再登場するなど、過去8作品をよく知るファンにとってなつかしさを感じるシーンの連続となっている。



『スター・ウォーズ』最終章の映像が初公開、「笑い声」の正体をマーク・ハミルが暴露
画像参照:https://www.youtube.com/watch?v=adzYW5DZoWs



 上が最新作の特別映像に出てきたメダルで、下は映画『スター・ウォーズ/新たなる希望』でハリソン・フォード演じるハン・ソロと、マーク・ハミル演じるルーク・スカイウォーカーがそのメダルを受け取ったシーン。



『スター・ウォーズ』最終章の映像が初公開、「笑い声」の正体をマーク・ハミルが暴露
画像参照:https://twitter.com/LightsCameraPod/status/1116754212929536000?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.buzzfeednews.com%2Farticle%2Fkrystieyandoli%2Ffirst-teaser-star-wars-episode-ix



不気味な「笑い声」の正体は…?



 ちなみに、今回初公開された映像でファンに最も衝撃を与えたのは、最後に聞こえる不気味な笑い声。この声の持ち主は、映画『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』でダース・ベイダーに裏切られ、命を落としたシスの暗黒卿ダース・シディアスことパルパティーンだとされているが、このほどルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルがツイッターを更新し、“まさかの人物”の名前を挙げた。



「新映像の最後に聞こえる謎の笑い声の正体は“ジェダイ・ジョーカー”だ。(謎が)解決」





 マークはアニメ版の『バットマン』で悪役ジョーカーの声優を務めており、“ジェダイ・ジョーカー”はマークが『スター・ウォーズ』と『バットマン』で演じる2つのキャラクターを合わせた、架空のキャラクター。声の持ち主は大方の予想通りパルパティーンで、エイブラムス監督もファンイベントで最新作にパルパティーンが登場することを認めている。



『スター・ウォーズ』最終章の映像が初公開、「笑い声」の正体をマーク・ハミルが暴露

シスの暗黒卿ダース・シディアスことパルパティーン。



 演じるのは、1983年公開の映画『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』に続き、1999年から2005年にかけて公開された続3部作(エピソード1~3)でもパルパティーン役で怪演を見せた俳優のイアン・マグダーミド。





 出演の可能性については言及していないが、イアンは特別映像が公開された直後にツイッターで「暗黒面はこれまでになく強力なものとなっている」と、意味深な言葉をつぶやいていた。



 映画『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』は12月20日(金)に公開予定。(フロントロウ編集部)

あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ビル・マーレイ」のニュース

次に読みたい関連記事「ビル・マーレイ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ユアン・マクレガー」のニュース

次に読みたい関連記事「ユアン・マクレガー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ハリソン・フォード」のニュース

次に読みたい関連記事「ハリソン・フォード」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月15日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。