ヘイリー・ビーバーが「SNS疲れ」なあなたに物申す!

ヘイリー・ビーバーが「SNS疲れ」なあなたに物申す!



ジャスティン・ビーバーの妻でモデルのヘイリー・ビーバーが、「インスタ映え」を気にしてしまうファンにメッセージを送った。(フロントロウ編集部)



 モデルのヘイリー・ビーバーは、インスタグラムで約2,000万人ものフォロワーを持ち、その美貌や夫ジャスティン・ビーバーとのラブラブ写真を公開するなど、SNSを活用してファンと交流するセレブのひとり。



ヘイリー・ビーバーが「SNS疲れ」なあなたに物申す!



 多くの人が使用するSNSは、「SNS疲れ」という言葉が流行るなど、楽しい反面、いいねの数を必要以上に気にしてしまうなど、生活を左右されやすいという側面も。そんななか、約2,000万人のフォロワーがいるヘイリーが、SNSは「映え」だけ発信するものではないと訴えた。



 ヘイリーはSNSについて、「『自分の最高を見せて、あとは隠せ!』って感じじゃない」と分析する。モデルを本業とするヘイリーや、他のセレブが公開する写真に憧れを抱くファンに、ヘイリーは真っ先に伝えたいことがあるそう。



ヘイリー・ビーバーが「SNS疲れ」なあなたに物申す!



「とくに若い人たちに分かってもらいたいんだけど、写真撮影って、私たちが仕事でやってることなんだよね。映画みたいなもの。現実じゃないよ。ライトやカメラがセットされてて、作品ってことだね。作り出されたものなの」



 セレブが公開するのは、自分が最高な時を切り取ったものだと話すヘイリーは、自分を良くみせるだけが、SNSを使うたった1つの方法ではないと強く感じているそう。最近では、写真を加工せず、ありのままの姿を公開しているアカウントにインスピレーションを受けているという。



 「たくさんの人が、ナチュラルな美しさを見せてて、体やシミ、目の下の垂れとかを見せることを怖がってない。私は、それにリアルを感じる。自分を美しく見せたいのも、セクシーに感じたいのも、自分がキレイに写ってる写真を投稿するのも、いいと思う。でも、それと同時に、いつもいつも美しく見えなくてもいいと思う」





 加工された美しい写真や、楽しそうな写真と自分を見比べて落ち込んでしまったり、自分も「インスタ映え」な写真を投稿しなくては、と焦ってしまったり、SNSに影響される人は多い。しかしヘイリーが言うように、他の人の一瞬だけを切り取った投稿に惑わされず、自分が楽しめる方法で使用することが大切。(フロントロウ編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ジャスティン・ビーバー Instagram
  2. ジャスティン・ビーバー セリーナ・ゴメス
  3. ジャスティン・ビーバー ピコ太郎
FRONTROWの記事をもっと見る 2019年4月29日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ジャスティン・ビーバー + Instagram」のおすすめ記事

「ジャスティン・ビーバー + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「ジャスティン・ビーバー + 婚約」のおすすめ記事

「ジャスティン・ビーバー + 婚約」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「テイラー・スイフト」のニュース

次に読みたい関連記事「テイラー・スイフト」のニュースをもっと見る

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。