「グッチ」や「バレンシアガ」など人気ブランド、未成年モデルの起用を禁止

「グッチ」や「バレンシアガ」など人気ブランド、未成年モデルの起用を禁止



人気ブランドのグッチ(GUCCI)やサンローラン(Saint Laurent)を保有するフランスのケリング・グループが、未成年モデルの起用を中止することを発表した。(フロントロウ編集部)



「グッチ」や「バレンシアガ」など人気ブランド、未成年モデルの起用を禁止



 世界中のファッショニスタやセレブから人気を誇るブランドのグッチ(GUCCI)やバレンシアガ(Balenciaga)、サンローラン(Saint Laurent)、アレキサンダー マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)などの大手ブランドを所有するフランスのケリング・グループが、先日新たな試みについて発表した。



未成年モデルの起用を禁止



 同ブランドを率いるフランソワ・アンリ・ピノー会長はプレスリリースにて、「グローバルなラグジュアリーブランドとして、私たちが発信するイメージが、若者に与える大きな影響について認識しています」として、未成年(※)モデルの起用を2020年の秋冬コレクションより中止することを表明。
※世界的な基準だと、成人年齢は18歳という国が多い。



「グッチ」や「バレンシアガ」など人気ブランド、未成年モデルの起用を禁止



 さらに会長は「私たちには、ラグジュアリーブランドにおいて最善の選択をする義務があると信じており、それがほかのブランドを促進するような動きを作っていきたいと思っています」と話している。



ファッション業界の課題



 若いモデルの起用における問題点が浮き彫りになったのは2017年10月、当時14歳だったロシア出身モデルのヴラダ・ジュバがファッションショー中に倒れ、過労死が原因で亡くなったのがきっかけだった。


あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る 2019年5月25日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。