アメリカ海軍に「レイプリスト」の存在、同僚女性をランキング化し性的行為を妄想

アメリカ海軍に「レイプリスト」の存在、同僚女性をランキング化し性的行為を妄想



アメリカ海軍の潜水艦で禁止されていた女性の乗船を、史上2番目に許可した潜水艦フロリダで、男性クルーが同僚の女性クルーをターゲットにした「レイプリスト」を作成していたことが発覚した。(フロントロウ編集部)



 アメリカ海軍の潜水艦フロリダには、男性クルー141人と、女性クルー32人が乗船している。そんな閉ざされた空間で、女性に対する深刻なセクハラが横行していたことが明らかになった。



アメリカ海軍に「レイプリスト」の存在、同僚女性をランキング化し性的行為を妄想



 ことの発端は2018年の6月。ある男性クルーが女性クルーに、紙に印刷された「レイプリスト」を報告。レイプリストは2枚あり、1枚は女性クルーをランキングしたもので、もう1枚は、女性乗組員の外見、性格、そしてその女性に対してどんな性的行為をしたいかを書いたものだったそう。レイプリストは、潜水艦のコンピューター・ネットワークに保管され、数週間に1回の頻度で、一部の男性クルーによるランキング投票が行なわれていたという。



 女性にランキングをつけ、さらには一方的な性的妄想を男性間でシェアしていることを知った女性クルーは、すぐに潜水艦の男性司令官に報告。しかし司令官は、「ただの紙切れを持っていただけ」と調査することを拒否。その後、形式的な調査は行なったものの、問題の解決には至らなかった。



 逃げ場のない空間で、男性クルーによる自分たちへのセクハラ行為に気がついてしまった女性クルーたちは、「恐怖、怒り、そして嫌悪感」に包まれたという。同僚である男性クルーのことを信じたくても、「全ての男性クルーを疑ってしまう」状況だったと、ある女性クルーは調査官に明かしている。



アメリカ海軍に「レイプリスト」の存在、同僚女性をランキング化し性的行為を妄想



 アメリカ海軍が米Military.comに報告したところによると、調査を拒否した司令官は管理責任能力の欠如を理由に解雇され、少なくとも2人の乗組員が懲戒免職処分を受けた。そして何人かが、懲罰の対象になった。



 アメリカの潜水艦を巡っては、2014年に約1年にもわたって女性クルーたちの着替え風景やシャワーを浴びている様子を男性クルーが盗撮していたという事件が起きていた。(フロントロウ編集部)

あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る 2019年5月27日のびっくり記事
「アメリカ海軍に「レイプリスト」の存在、同僚女性をランキング化し性的行為を妄想」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    在沖縄米国海兵隊が当該地域で○イプ事件を多発させるのもそのためか、日本なら治外法権だから。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。