ブライアン・メイ、映画『ボヘミアン・ラプソディ』によるクイーンの儲けは「ゼロ」

ブライアン・メイ、映画『ボヘミアン・ラプソディ』によるクイーンの儲けは「ゼロ」



映画『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒットによって、故フレディ・マーキュリーを含むクイーンのメンバー4人に大金が支払われたことがウワサされるなか、クイーンのギタリストであるブライアン・メイが衝撃の事実を暴露。(フロントロウ編集部)



クイーンは一銭ももらってない!?



 クイーンのギタリスト、ブライアン・メイが英BBCのラジオ番組『The Zoe Ball Breakfast Show』に出演し、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の大ヒットによる金銭的な恩恵を“一切受けていない”ことを暴露した。



ブライアン・メイ、映画『ボヘミアン・ラプソディ』によるクイーンの儲けは「ゼロ」



 クイーンのボーカルで唯一無二の歌声を持つ故フレディ・マーキュリーの半生を描いた、2018年公開の映画『ボヘミアン・ラプソディ』は世界中で驚異の大ヒットを記録。興行的に大成功を収めたことによって、クイーンの4人のメンバー(ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、ジョン・ディーコン、故フレディ・マーキュリー)に、莫大な額の報酬が支払われたことが報じられていた。



 しかし、ブライアンは「莫大な額の報酬が支払われた」という部分に、こうクレームをつけた。



 「思わず笑っちゃったよ。先日、何かの記事に僕たちがこの映画のおかげで『金持ちになった』って書かれていたんだ。つい最近、会計士と会ったばかりだから確かだけど、僕たちはまだ一銭ももらってない。おもしろいだろう?一体どれだけヒットしたら儲けが出るんだろうね?」



 ただし、あくまでも“まだ”支払われていないだけで、今後、支払われる可能性も。



 『ボヘミアン・ラプソディ』ではクイーンの楽曲が何曲も使用されており、普通に考えれば「楽曲使用料」が発生する。ブライアンはそのことについては一切触れなかったが、映画の制作には大勢の人たちが携わっているため、全員に報酬が支払われるには時間がかかるとし、いずれ報酬を得る可能性を示唆した。(フロントロウ編集部)

あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る 2019年5月24日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。