死んだ父は大富豪だった、貧困生活を送っていた男性が「75億円の遺産」を相続

死んだ父は大富豪だった、貧困生活を送っていた男性が「75億円の遺産」を相続



イギリスに住む男性に起こった、人生逆転の大事件が世間の注目を浴びている。(フロントロウ編集部)



介護福祉士から大富豪へ



 2018年8月に、イギリスでチャールズ・ロジャーズという男性が車の中で亡くなっているのが発見された。チャールズの死は、ある男性とその家族の人生を変えることになった。



死んだ父は大富豪だった、貧困生活を送っていた男性が「75億円の遺産」を相続



 ジョーダン・アドラード・ロジャーズは、31歳の介護福祉士。恋人と息子と暮らす彼は、毎月の請求書を心配する生活を送っていたある日、チャールズ・ロジャーズの代理人と名乗る人から連絡をもらった。



 身よりのないチャールズのたったひとりの息子かもしれないというジョーダンは、DNA鑑定を受けることに。その結果、ジョーダンはチャールズの息子だということが判明。チャールズの1人息子としてロジャーズ家の血筋を引き継ぐことになったジョーダンには、あるものが相続された。



 それは、約75億円の価値がある約620万平方メートルの土地と、そこに建つお城のような46軒のコテージ。



 620万平方メートルがどのぐらいの広さなのか分かりづらいけれど、東京ドーム約133個分の広さといえば、ジョーダンが相続した土地がどれほどの広さなのか分かるはず。



死んだ父は大富豪だった、貧困生活を送っていた男性が「75億円の遺産」を相続

ジョーダンが相続した土地があるイギリスのコーンウェル地方の景色



ジョーダンの思い



 そんなに広大な土地では、その維持費も超高額。しかし実はこの土地と家は、ロジャーズ家が1771年に購入した後、1974年にイギリスのチャリティ団体ナショナル・トラストに、ロジャーズ家への1000年に渡るリース権と引き換えに贈与されたもの。よって、この土地の維持はナショナル・トラストが行なっている。また、ジョーダン側にはナショナル・トラストから月に約60万円が支払われるという。


あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る 2019年6月3日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。