ジャスティン・ビーバー、13歳で手を出した「薬物」への依存から脱却までを赤裸々告白
拡大する(全3枚)

ジャスティン・ビーバー、13歳で手を出した「薬物」への依存か...の画像はこちら >>



シンガーのジャスティン・ビーバーが、自身のドキュメンタリー番組で過去の薬物使用や薬物依存について赤裸々に語った。(フロントロウ編集部)



はじまりは13歳で初体験した大麻



 2月14日のバレンタインデーに待望のニューアルバム『チェンジズ(Changes)』をリリースするジャスティン・ビーバーが、YouTubeで配信されている自身の素顔に迫るドキュメンタリー番組『ジャスティン・ビーバー:シーズンズ(Justin Bieber : Seasons)』の第5話で、過去の薬物使用とそこから脱却するきっかけとなった出来事について振り返った。



 すべてのはじまりは13歳の時に初めて吸った大麻だったという。13歳といえば、YouTubeにアップした動画が現マネージャーのスクーター・ブラウンの目に留まり、トントン拍子でデビューが決まった時期と重なる。13歳という若さで、薬物を使用することによって多幸感が得られることを知ってしまったジャスティンは、売れっ子になればなるほど溜まるストレスとプレッシャーから自分を解放するために、違法・合法に関係なくありとあらゆる薬物に手を出すようになっていった。



 ジャスティンは「(薬物は)僕にとって逃げ道だったんだ。あの頃の僕はまだ若かったからね」と言うと、続けて「何をするにもカメラが前にあって、つねに世間の目に晒されていた」と当時の自分が置かれていた過酷な環境が、自分を誤った方向へと導いたことを明かしている。


この記事の画像

「ジャスティン・ビーバー、13歳で手を出した「薬物」への依存から脱却までを赤裸々告白」の画像1 「ジャスティン・ビーバー、13歳で手を出した「薬物」への依存から脱却までを赤裸々告白」の画像2 「ジャスティン・ビーバー、13歳で手を出した「薬物」への依存から脱却までを赤裸々告白」の画像3