『アイリッシュマン』ロバート・デ・ニーロらの台本読み合わせ現場が公開

『アイリッシュマン』ロバート・デ・ニーロらの台本読み合わせ現場が公開



2020年アカデミー賞で、Netflix作品として最も多い10ノミネートを獲得したマーティン・スコセッシ監督の映画『アイリッシュマン』。ロバート・デ・ニーロジョー・ペシアル・パチーノという往年のスターが集結した本作の、台本の読み合わせ現場が公開された。(フロントロウ編集部)



『アイリッシュマン』とは?



 Netflixオリジナル映画『アイリッシュマン』は、巨匠マーティン・スコセッシによる伝記映画で、1950年代のアメリカに実在した凄腕ヒットマン“ジ・アイリッシュマン”の半生を描いた物語。



 重厚なストーリーや俳優陣の極上の演技で批評家から大絶賛を受け、ゴールデン・グローブ賞で5ノミネート、アカデミー賞で10ノミネートを達成。Netflixでは、配信開始後7日間の視聴世帯数が2600万世帯を突破するという大ヒットを記録した。



『アイリッシュマン』ロバート・デ・ニーロらの台本読み合わせ現場が公開



 また、本作にはロバート・デ・ニーロやアル・パチーノ、ジョー・ペシなど、夢の大物俳優が参加している。



 これまでにデ・ニーロはスコセッシ監督作品に9回、アル・パチーノは4回の参加経験があったけれど、デ・ニーロとアル・パチーノとマーティン・スコセッシの3人がそろって同じ映画を作り上げたのは今回が初めて。



『アイリッシュマン』ロバート・デ・ニーロらの台本読み合わせ現場が公開



映画の台本「読み合わせ」の時点で豪華



 今回公開されたのは、映画の台本を俳優陣たちが読み上げる「読み合わせ」の現場。



『アイリッシュマン』ロバート・デ・ニーロらの台本読み合わせ現場が公開



 俳優にとっては映画の中でも初期段階にあたるこの作業だけれど、ロバート・デ・ニーロ、ジョー・ペシ、アル・パチーノ、マーティン・スコセッシが一堂に会しているという事実だけで、すでに豪華すぎる。





 映像の途中に流れてくる文字は台本の文章で、俳優たちがしっかりと台本通りに演技をしていることが分かる。



 『アイリッシュマン』は、約6,000人のエキストラや200以上のキャラクター、295カ所の撮影地が採用されていたため、脚本の執筆やロケーション・道具の準備、オーディションや撮影、編集など全てが完成するまでにかかった日数はなんと12年間だという。



 映像を見て分かるように、この読み合わせも2013年のもの。映画の企画が始まったのが2008年で、脚本の読み合わせが2013年、そして108日かかったという撮影が終わったのが2018年だと考えると、映画製作にはとんでもない時間がかけられていることが分かる。



 長年『アイリッシュマン』のような作品を作りたいと考え続けてきたスコセッシ監督にとっては悲願といってもよいだろう。



『アイリッシュマン』ロバート・デ・ニーロらの台本読み合わせ現場が公開



 そんな長い期間をかけて丹念に制作された映画『アイリッシュマン』は、Netflixで配信中。10のノミネートがある2020年アカデミー賞も見逃せない。(フロントロウ編集部)

あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「クリス・プラット」のニュース

次に読みたい関連記事「クリス・プラット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「リーアム・ニーソン」のニュース

次に読みたい関連記事「リーアム・ニーソン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジェームズ・フランコ」のニュース

次に読みたい関連記事「ジェームズ・フランコ」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月23日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。