あのジャンクフードが原因で少年が「失明」する

       

あのジャンクフードが原因で少年が「失明」する



日常的に常識の範囲を超える量のジャンクフードを摂取していた少年の目に異変が起き、結果的に失明していたことがわかった。(フロントロウ編集部)



失明の原因はジャンクフードの“食べ過ぎ”



 フライドポテトやポテトチップス、パンといった主にジャンクフードのみを食べて生活していたイギリス在住の少年が目の異変を訴え、結果的に失明したことを、少年の目の治療にあたっていた地元の眼科病院(Bristol Eye Hospital)の担当医師が、医療情報サイトAnnals of Internal Medicineで発表した。



 医師によると、少年は好き嫌いが激しいいわゆる“偏食家”だったそうで、14歳の時に倦怠感を訴えて受診したのが最初だった。外見的に異常なところは見受けられなかったが、検査した結果、貧血とビタミンB12の血中濃度が不足していることが判明。ただし、この時はそこまで深刻な状態ではなかったため、ビタミンB12の注射剤を投与され、食事に関する指導を受けて自宅に帰された。



 それから約1年後、15歳になった少年が今度は視覚と聴覚の異常を訴えて再び受診。しかし、MRI検査を行なっても、耳と目どちらも構造的な問題を見つけることはできなかった。その後も視界がかすむといった目の症状は悪化の一途をたどり、少年が17歳になった時に「盲目」と診断された。



あのジャンクフードが原因で少年が「失明」する



 最終的に栄養失調による視神経障害との診断を下された少年は、身長や体重、BMI(肥満指数)はすべて10代の平均値だったが、体内にあるビタミンB12、銅、セレン、ビタミンDといった栄養素が欠乏しており、骨密度も低かったという。


FRONTROWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月4日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。