ディズニーランド、本物だと思ってた「あるもの」がじつは全部『ニセモノ』だった

ディズニーランド、本物だと思ってた「あるもの」がじつは全部『ニセモノ』だった
       

ディズニーランド、本物だと思ってた「あるもの」がじつは全...の画像はこちら >>



ディズニーランドで園内のいたるところに飾られている「あるもの」が、じつは全部ニセモノだということをご存じ?(フロントロウ編集部)



ニセモノにせざるを得ない「理由」とは? 



 半世紀以上にわたって、“夢の国”として世界中の人たちから愛されるディズニーランドは、アニメーターで実業家の故ウォルト・ディズニーの「子供から大人まで楽しめる娯楽施設を作りたい」という思いから、1955年に“第1号”がカリフォルニア州アナハイムに誕生。それから約16年後の1971年に、フロリダ州オーランドに世界最大のディズニーリゾート「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」がオープンし、現在は東京、パリ、上海、香港の6ヵ所にある。



 そんな長い歴史を持つディズニーランド(アナハイム)とウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(オーランド)で、園内のいたるところに掲げられている「星条旗」が、じつはすべて“ニセモノ”だということをみなさんはご存じだろうか?



ディズニーランド、本物だと思ってた「あるもの」がじつは全部『ニセモノ』だった



 アメリカの国旗である星条旗は、赤×白の13本の横線からなる縞模様が独立当時の植民地、左上部の星が現在の州の数を表している。しかし、ディズニーランドに掲げられている星条旗をよく見ると、どれも星の数が違ったり、縞模様の線が少なかったり、どこか必ず間違っている。



 自分たちの国の国旗のデザインに誤りがあるなんて、本来であればあってはならないことだが、これにはちゃんとした理由が。 


当時の記事を読む

FRONTROWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月21日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。