ローラ・ダーン、キャリア初のオスカーで涙のスピーチ【アカデミー賞】

ローラ・ダーン、キャリア初のオスカーで涙のスピーチ【アカデミー賞】



ローラ・ダーンが映画『マリッジ・ストーリー』で第92回アカデミー賞助演女優賞を受賞。53歳の誕生日の前日にキャリア初のオスカー受賞となったローラのスピーチは、会場から涙を誘った。(フロントロウ編集部)



ローラ・ダーン、ついにオスカーを受賞



 Netflixの映画『マリッジ・ストーリー』で離婚弁護士を演じたローラ・ダーンが、2020年度の第92回アカデミー賞授賞式で、助演女優賞を受賞。1991年の映画『ランブリング・ローズ』と2014年の映画『わたしに会うまでの1600キロ』でアカデミー賞にノミネート経験があるローラにとって、50年近いキャリアにおいて今回が初のオスカー受賞となる。



ローラ・ダーン、キャリア初のオスカーで涙のスピーチ【アカデミー賞】



 助演女優賞のプレゼンターを務めた、昨年2019年の助演男優賞の受賞者であるマハーシャラ・アリに名前を呼ばれたローラは、まずは隣に座っていた母でありアカデミー賞ノミネート経験がある俳優のダイアン・ラッドをギュッとハグ。そして、共演者のアダム・ドライバーとスカーレット・ヨハンソンをハグして、檀上に上がった。



ローラ・ダーン、キャリア初のオスカーで涙のスピーチ【アカデミー賞】



ローラ・ダーン、キャリア初のオスカーで涙のスピーチ【アカデミー賞】



「ヒーロー」について感動のスピーチ



ローラ・ダーン、キャリア初のオスカーで涙のスピーチ【アカデミー賞】



 助演女優賞の受賞スピーチで、映画『マリッジ・ストーリー』のノア・バームバック監督をはじめキャストやクルーに感謝の言葉を述べたローラは、2人の継子と、会場に同伴していた実子に感謝したあと、俳優である母ダイアン・ラッドと父ブルース・ダーンへのメッセージをこう口にした。



「自分のヒーローには会わない方がいいと言う人がいますが、私に言わせると、幸運な人は自分の両親が(ヒーローに)なってくれますよ。私はこれ(=受賞)を、私にとって演技のヒーローでありレジェンドであるダイアン・ラッドとブルース・ダーンと共有します」



 ローラのこの言葉のあとには、客席で涙を流しながら娘のスピーチを聞く母ダイアンの姿がカメラに映され、ツイッター上は、「一緒に泣いた」「今夜一番のスピーチ」などと、心動かされた人たちのコメントであふれた。



ローラ・ダーン、キャリア初のオスカーで涙のスピーチ【アカデミー賞】

第92回アカデミー賞に、母ダイアン・ラッドと実子2人を同伴したローラ・ダーン。



 ちなみに、この日(米時間2月9日)はローラの53回目の誕生日の前日。ローラはスピーチの最後に、「この贈り物をありがとうございます。最高の誕生日プレゼントです」と感謝した。(フロントロウ編集部)

あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「アカデミー賞 + 日本」のおすすめ記事

「アカデミー賞 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュース

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月10日の海外セレブ記事

キーワード一覧

  1. アカデミー賞 日本

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。