『アラジン』役俳優が“差別でオーディションを受けられない”ことに、ウィル・スミス反応

『アラジン』役俳優が“差別でオーディションを受けられない”ことに、ウィル・スミス反応



実写映画『アラジン』でアラジン役を務めたメナ・マスードが人種差別によりオーディションを受けられない状態にあると告白したことについて、ジーニー役として共演したウィル・スミスが励ましのメッセージを送った。(フロントロウ編集部)



「彼は偉大な俳優」



 2019年に公開されたディズニー実写映画『アラジン』は、世界で1,000億円を超える大ヒット作品。



『アラジン』役俳優が“差別でオーディションを受けられない”ことに、ウィル・スミス反応

©WALT DISNEY PICTURES/LIN PICTURES/MARC PLATT PRODUCCTIONS/RI / Album/Newscom



 主役のアラジンを務めたメナ・マスードは候補者約2,000人の中から選ばれた期待の俳優。『アラジン』出演をきっかけに一気にスターダムに登るであろうと思われていた。



 しかし先日、メナは米Daily Beastで、映画『アラジン』に出演した後、一度もオーディションを受けられていないと発言



 その理由として彼は、自身が、西洋での偏見が深刻化している“中東系のルックス”をしていることをあげた。



『アラジン』役俳優が“差別でオーディションを受けられない”ことに、ウィル・スミス反応



 西洋では、2001年に発生した同時多発テロ事件以降、イスラム教徒に対するネガティブなイメージがなかなか払しょくできず、差別や排斥の対象として見られてしまっているのが現状。



 エジプトの血をひくメナはカナダ国籍を持つキリスト教徒なのだが、「中東系=イスラム教徒=テロリスト」という差別と偏見のせいで、良い役のオファーもオーディションも受けられないのだそう。


あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ロバート・デ・ニーロ」のニュース

次に読みたい関連記事「ロバート・デ・ニーロ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「トム・ハンクス」のニュース

次に読みたい関連記事「トム・ハンクス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「三船敏郎」のニュース

次に読みたい関連記事「三船敏郎」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月6日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。