『ジョーカー』性犯罪者によるBGM“印税”を払わないとレーベルが明言、しかし抜け穴も指摘

『ジョーカー』性犯罪者によるBGM“印税”を払わないとレーベルが明言、しかし抜け穴も指摘



『ジョーカー』でBGMとして使用された楽曲のシンガーが未成年への性犯罪で逮捕されていることから、炎上。シンガー側に印税は入っている?(フロントロウ編集部)



『ジョーカー』児童虐待者による音楽がBGM



 10月4日に世界各国で公開され、大ヒットを記録している映画『ジョーカー』。



 劇中では数々の有名音楽が効果的に使用されており、作品の迫力を引き立てている。しかし物語の重要なシーンで、イギリス人シンガーのゲイリー・グリッターによる「ロックン・ロール・パート2」が使用されていることは議論になっていた。



『ジョーカー』性犯罪者によるBGM“印税”を払わないとレーベルが明言、しかし抜け穴も指摘



 なぜなら、ゲイリーは未成年者に対する性犯罪歴が多くあり、現在は刑務所に収監されているから。ゲイリーの音楽が今作に使用されている点(※リンク先には映画のネタバレが含まれます)に加え、映画での音楽をはじめ、映画のDVDやサウンドトラックの発売により、多くの印税が犯罪者であるゲイリーに渡るのではないかと批判されていた。



 しかしこのたび、各音楽レーベルが声明を発表した。



 1997年からゲイリーの楽曲のマスター・ライツを所持する英Snapper Musicは、米Timesに「彼に(印税を受け取る)権利はありませんし、私たちも、いかなる印税も払っていません」と明言。



 ゲイリーの楽曲の著作権を持つ米Universal Music Publishing Groupも米The Los Angeles Timesに、「私たちは彼にいかなる印税や利益も払っていません」と発表した。


あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る 2019年10月19日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら