ジェイ・Z、NFLスーパーボウルの出演を辞退したのは主催者側に「あのコラボ」再び求められたから

ジェイ・Z、NFLスーパーボウルの出演を辞退したのは主催者側に「あのコラボ」再び求められたから



大物ラッパーのジェイ・Zが、NFLのチャンピオンシップであるスーパーボウルのハーフタイムに行なわれるパフォーマンスを辞退した理由を明かした。(フロントロウ編集部)



ジェイが出演を断った理由



 大物アーティストのジェイ・Zが、数年前にNFLチャンピオンシップのスーパーボウルのハーフタイムショーの出演オファーを、ある理由で断ったことを米NY Timesのインタビューで話した。



ジェイ・Z、NFLスーパーボウルの出演を辞退したのは主催者側に「あのコラボ」再び求められたから



 毎年、大物アーティストが出演するハーフタイムショーだけれど、ジェイは自身が運営するロック・ネイションとスーパーボウルを主催するNFLがパートナーシップを組む前に、ハーフタイムショーへの出演に声がかかっていたという。



 ジェイは、主催者側からハーフタイムショーに出演するにあたり、2009年にリリースした楽曲「ラン・ディス・タウン」を再現したいとの要求があり、同曲でコラボしたリアーナとカニエ・ウェストも呼んでほしいと頼まれたそう。



via GIPHY



 いわばジェイは、リアーナとカニエの出演を条件に出演の声がかかったことになり、アーティストを軽視するような提案に、「もちろん(2人を)呼べるけど、君は僕にオファーしたんだ。誰を連れてくるかでハーフタイムをやるか決めるのはおかしい。だから、今の話は忘れてくれ。間違っている」とし、出演を断ったという。



 こうした主催者側の考えを内側から正すべく、ジェイは現在、ロック・ネイションのトップとして、スーパーボウルのハーフタイムショーに携わり、NFLの改革を後押している。



 2020年のスーパーボウルにはジェイと妻のビヨンセ、娘のブルー・アイヴィーちゃんが足を運んでおり、国歌斉唱の時には人種差別への抗議運動#TakeAKneeの一環であえて起立しなかった



ジェイ・Z、NFLスーパーボウルの出演を辞退したのは主催者側に「あのコラボ」再び求められたから



 ちなみにジェイの妻ビヨンセは、2013年と2016年にスーパーボウルのハーフタイムショーへの出演歴があり、国歌斉唱も担当したことがある。(フロントロウ編集部)



 

あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月5日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。