2019年エミー賞、大注目の作品6選!目が離せない「理由」とは?
拡大する(全7枚)

2019年エミー賞、大注目の作品6選!目が離せない「理由」と...の画像はこちら >>



第71回エミー賞のショーレースで、注目すべき作品を大特集。各作品に隠された注目の理由とは?(フロントロウ編集部)



2019年で第71回を迎えるエミー賞



現地時間9月22日に開催されるドラマの祭典エミー賞授賞式。ノミネートリストが発表された時にも様々なサプライズが起きた2019年エミー賞から、期待のドラマを厳選5作品ご紹介します。



『ゲーム・オブ・スローンズ』



2019年エミー賞、大注目の作品6選!目が離せない「理由」とは?

ⒸHBO / Album/Newscom



 今年1番の注目作品といっても過言ではないのは、『ゲーム・オブ・スローンズ』。



 ドラゴンや架空の生物が存在するファンタジックな世界において、多くのキャラクターが登場する群像劇である本作は、ついに今年、その10年の歴史に幕を閉じた。最終章はファンから賛否両論が巻き起こり、別の監督で作り直してほしいと訴える署名に170万人以上から賛同が集まる一方で、高く評価するファンも多く、2019年のエミー賞ではなんと史上最多の32部門にノミネートされた。さらに、そのうちグェンドリン・クリスティーサー、アルフィー・アレン、そしてカリス・ファン・ハウテンは自己推薦でノミネートを勝ち取ったとして話題となった。



 受賞数でも史上最多を記録するのかに、注目が集まる。



『POSE/ポーズ』



2019年エミー賞、大注目の作品6選!目が離せない「理由」とは?

ⒸFX NETWORK / Album/Newscom



 ドラマ『glee/グリー』のライアン・マーフィーが製作総指揮を務めた『POSE/ポーズ』は、80年代のニューヨークを舞台に、当時のLGBTQ+コミュニティのリアルを描く。作品賞にノミネートされただけでなく、主演のビリー・ポーターが、同性愛者の黒人男性としてエミー賞史上初めて主演男優賞にノミネートされた。また、30年以上にわたってアメリカのショービズ界で活躍するビリーだけれど、エミー賞にノミネートされたこと自体が初めて。ビリーの50歳の誕生日である9月21日の翌日に開催されるエミー賞で、ビリーがトロフィーを獲得する姿は見られるのだろうか。


この記事の画像

「2019年エミー賞、大注目の作品6選!目が離せない「理由」とは?」の画像1 「2019年エミー賞、大注目の作品6選!目が離せない「理由」とは?」の画像2 「2019年エミー賞、大注目の作品6選!目が離せない「理由」とは?」の画像3 「2019年エミー賞、大注目の作品6選!目が離せない「理由」とは?」の画像4
「2019年エミー賞、大注目の作品6選!目が離せない「理由」とは?」の画像5 「2019年エミー賞、大注目の作品6選!目が離せない「理由」とは?」の画像6 「2019年エミー賞、大注目の作品6選!目が離せない「理由」とは?」の画像7