ロバート・パティンソン、『トワイライト』は「変な話」だと思っていた

ロバート・パティンソン、『トワイライト』は「変な話」だと思っていた



俳優のロバート・パティンソンが、出演映画『トワイライト』について正直な思いを告白した。(フロントロウ編集部)



ロバートが『トワイライト』の話に違和感



 ティーン世代を中心に、全世界で“ヴァンパイア”ブームを巻き起こした映画『トワイライト』シリーズ。小説が映画化されたことで生まれた同作は、ヴァンパイアと人間の“禁断の恋”を描き、全部で5作品の映画が制作された。



ロバート・パティンソン、『トワイライト』は「変な話」だと思っていた

©SUMMIT ENTERTAINMENT/TEMPLE HILL ENT/MAVERICK FILMS/IMPRINT / Album/Newscom



 そんな作品で主演を務め、人間に恋をしてしまうヴァンパイアを演じた俳優のロバート・パティンソンが、当時作品について感じていた正直な感想を米Varietyに語った。



ロバート・パティンソン、『トワイライト』は「変な話」だと思っていた



「奇妙なストーリーだよ。人々の反応の仕方がとても変だと感じた。元々の本は、とてもロマンチックだと思うけど、それって『きみに読む物語(※)』みたいなロマンチックさではない。トワイライトは、ある男が1人の女の子と一緒になりたいと思うと同時に、彼女のことを食い物にしたいと思う話。食べるっていう表現じゃないね、彼女の血を飲みたいって思う男の話。僕はすごくおかしいと思っていたよ」
※正統派ラブストーリーを得意とするニコラス・スパークスのベストセラー作品。純愛の物語として知られる同小説は映画化された。



 2012年に最終章『トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part 2』が公開され、そのシリーズに幕を降ろした『トワイライト』。今もなお高い人気を誇る映画だけれど、主演を務めたロバート本人には、複雑な思いがあったよう。(フロントロウ編集部)

あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る 2019年11月18日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。