コンタクトレンズをつけたまま「ある事」をした男性が失明

コンタクトレンズをつけたまま「ある事」をした男性が失明



コンタクトレンズをつけたまま「ある事」をした男性が片目を失明。原因となった男性の行動が、世の中の大半の人たちが“ほぼ毎日やっている事”だったため衝撃が走っている。(フロントロウ編集部)



“注意書き”されてるけどほとんどの人が無視?



 英シュロップシャー州シュルーズベリー在住の29歳の男性が、コンタクトレンズをつけたままシャワーを浴びたことが原因でアカントアメーバに感染し、右目を失明していたことがわかった。



 アカントアメーバとは水中に生息する微生物のことで、アカントアメーバによる角膜感染症にかかると視力が低下するだけでなく、最悪の場合、失明に至る可能性も。アカントアメーバは川や池だけでなく水道水にも生息しており、コンタクトレンズをつけたまま入浴したり、精製水を使用せず水道水で洗ったりすることによって感染する恐れがある。



コンタクトレンズをつけたまま「ある事」をした男性が失明



 英Mirrorによると、男性はスポーツジムで汗を流したあと、シャワーを浴びて帰るのが日課だったといい、その際コンタクトレンズは装着したままだった。一応、市販されているコンタクトレンズの場合、レンズを装着した状態で洗顔、入浴、水泳をすることを控えるよう「注意書き」がされているものの、知らないあるいは知っていても無視している人がほとんど。男性もその事についてまったく知らなかったという。



 男性が英Mirrorに語った話では、最初は眼球が傷ついているような“違和感”から始まったという。しかし、次第に症状が悪化し、1週間以上経っても回復の兆しが見えないことから検眼技師のもとを訪れたところ、すぐさま病院に行くことを勧められ、近くの専門病院で診断を受けることに。


あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る 2019年7月19日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。