マイリー・サイラスがインスタに投稿した「果物」の動画に批判殺到、そのワケとは?

マイリー・サイラスがインスタに投稿した「果物」の動画に批判殺到、そのワケとは?



シンガーのマイリー・サイラスがインスタグラムに投稿した「果物」の動画に批判が殺到。一体、その動画の何に問題が…?(フロントロウ編集部)



果物が「アレ」にしか見えない!?



 米現地時間5月31日に全6曲が収録された待望のEP『シー・イズ・カミング(She Is Coming)』を発売した、マイリー・サイラスがインスタグラムにアップした「果物」の動画に一部の人たちから批判が殺到している。



マイリー・サイラスがインスタに投稿した「果物」の動画に批判殺到、そのワケとは?



 その動画というのがコチラ。『シー・イズ・カミング』のプロモーション用に作られた動画に映っているのは、半分にカットされ、断面が露わになったメロンやパパイヤ、ブラッドオレンジ。果物の名前を聞いた限りでは何の問題もないように思えるが、下の映像を見て「あるもの」を連想した人も多いのではないだろうか?



この投稿をInstagramで見る

SHE IS COMING OUT NOW! Link in bio!

Ashley Oさん(@mileycyrus)がシェアした投稿 -



 その「あるもの」とは女性器。もちろん偶然ではなく、意図的にそう見えるように作られており、わざと完熟した種の部分を指でなぞったり、最後に一瞬だけ“絶頂”を迎えたような様子のマイリーの姿を映したり、見た人が女性器を連想するように仕向けられている。



 しかし、それを「マイリーらしい」と捉える人がいる一方で、「下品」「性を売りにしてる」と感じる人も多くいたようで、コメント欄に「マイリーは好きだけど、こういうところには賛同できない」「なんでわざわざ女性器を連想させる必要があったの?」といった手厳しい意見が殺到してしまった。



 ちなみに、マイリーは以前から性に対して自由な考え方の持ち主として知られ、『シー・イズ・カミング』に収録されている「キャティチュード(Cattitude)」という曲は、「私は自分のアソコが大好き」「私のアソコをめちゃくちゃにして」といった過激な歌詞のオンパレードとなっている。



 また、なぜ女性器なのかという点については、『シー・イズ・カミング』のタイトルに入っている「Coming(カミング)」という言葉に、「オーガズムに達する」「イク」といった意味があることが関係している可能性が高い。(フロントロウ編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

FRONTROWの記事をもっと見る 2019年6月6日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「セレーナ・ゴメス」のニュース

次に読みたい関連記事「セレーナ・ゴメス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジェニファー・ロペス」のニュース

次に読みたい関連記事「ジェニファー・ロペス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マライア・キャリー」のニュース

次に読みたい関連記事「マライア・キャリー」のニュースをもっと見る

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。