ジャスティン・ビーバー恩師、テイラー・スウィフトとの「話し合い」を希望

ジャスティン・ビーバー恩師、テイラー・スウィフトとの「話し合い」を希望



業界一の敏腕マネージャーとして知られるスクーター・ブラウンが、シンガーのテイラー・スウィフトとのバトルについて初めて公の場でコメントをした。(フロントロウ編集部)



スクーターの「本音」とは?



 シンガーのジャスティン・ビーバーの恩師として知られ、ジャスティンのほかに、アリアナ・グランデデミ・ロヴァ―トといった人気アーティストを顧客に抱える敏腕マネージャーのスクーター・ブラウンが、米Variety主催のイベントでシンガーのテイラー・スウィフトとの“バトル”について、騒動後初めて口を開いた。



スクーターとテイラーのあいだに一体何が?

 今年7月、テイラーがデビュー当時から2018年まで所属していた音楽レーベルのビッグマシン・レコードを、スクーターが運営する会社イサカ・ホールディングスLLC.が買収。その結果、テイラーとはまったく無関係のスクーターが、彼女が過去にリリースしたアルバムなどの原盤の所有権を手にすることに。それに激怒したテイラーがスクーターのことを名指しで批判したことで、ほかのセレブも巻き込む大騒動へと発展した。

ジャスティン・ビーバー恩師、テイラー・スウィフトとの「話し合い」を希望

左からテイラー・スウィフト、スクーター・ブラウン、ビッグマシン・レコードのCEOスコット・ボーチェッタ。

 その後、テイラーが原盤の所有権を取り戻すために、過去にリリースした全6作のアルバムを「再レコーディング」すると宣言したことで、騒動は鎮静化したと思われていたが、つい最近になって、テイラーが、ビッグマシン・レコードから自身が過去に制作した楽曲の使用を妨害されていると告発したことで、両者のバトルが激化。結局、今回の騒動は批判を受けたビッグマシン・レコードがテイラーに曲の使用を許可することで落ち着いたが、いまだにテイラーとスクーターのあいだにはしこりが残っており、埋められない深い溝がある。


あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ジャスティン・ビーバー + 婚約」のおすすめ記事

「ジャスティン・ビーバー + 婚約」のおすすめ記事をもっと見る

「ジャスティン・ビーバー + 元カノ」のおすすめ記事

「ジャスティン・ビーバー + 元カノ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「リアーナ」のニュース

次に読みたい関連記事「リアーナ」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月22日の海外セレブ記事

キーワード一覧

  1. ジャスティン・ビーバー Instagram
  2. ジャスティン・ビーバー セリーナ・ゴメス
  3. ジャスティン・ビーバー ピコ太郎

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。