『アイリッシュマン』のオフィスに飾られているカンガルーの写真の意味

『アイリッシュマン』のオフィスに飾られているカンガルーの写真の意味
       

『アイリッシュマン』のオフィスに飾られているカンガルーの...の画像はこちら >>



第77回ゴールデン・グローブ賞に4部門5ノミネートされたNetflixオリジナル映画『アイリッシュマン』には、特別な意味を持つ“カンガルー”の写真が登場していた。(フロントロウ編集部)



世界中に『アイリッシュマン』旋風



 Netflixオリジナル映画『アイリッシュマン』は、マーティン・スコセッシ監督の長編映画。2020年に開催される第77回ゴールデン・グローブ賞では作品賞、監督賞、助演男優賞を含む4部門5ノミネートを獲得し、大きな話題を呼んでいる。



 本作は、全米トラック運転組合のリーダーであるジミー・ホッファの失踪、殺人に関与した容疑をかけられた実在の凄腕ヒットマンのフランク・“The Irishman”・シーランの半生を描いた物語。





 ヒットマンのフランク・シーランをロバート・デ・ニーロが、ジミー・ホッファをアル・パチーノが、フランクが仕えていた裏社会のボス、ラッセル・バファリーノをジョー・ペシが演じ、ハリウッドのレジェンドとも呼べる豪華キャストが集合したことでも注目を浴びている。



アイリッシュマンのオフィスの壁に潜むカンガルー



 そんな『アイリッシュマン』だけれど、フランク・シーランのオフィスの壁に“カンガルーとのツーショット写真”があることに気が付いた人はいるだろうか?



 問題の写真は、1時間21分ごろに登場する。フランクのオフィスの壁に注目すると、人間とカンガルーが陽気に映り込んだ写真が飾ってある。



 もちろんこの人間はフランク。



 なぜ、カンガルーと映っているかというと、実在した彼は第二次世界大戦から戻った後、お金を賭けてカンガルーと闘ったことがあるから。この話は、実在のフランクの自伝『I Heard You Paint Houses』に書かれている。



『アイリッシュマン』のオフィスに飾られているカンガルーの写真の意味

2001年に撮られたフランク・シーランの写真



 荒くれ者のフランクは酒代を稼ぐために、“ボクシングができるカンガルーを相手に3ラウンド闘えたら100ドル”という企画に参加したという。



 フランクはその時のことを「カンガルーがしっぽで自分を守るとは知らなかった」と回想している。そして、この時の試合にいたのが、将来妻になったメアリーだった。



 そんな映画、『アイリッシュマン』は、Netflixで配信中。カンガルーもぜひチェックしてみて。(フロントロウ編集部)

あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月19日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。