アカデミー賞、「白人優位」をスピーチでネタにされる

アカデミー賞、「白人優位」をスピーチでネタにされる



ハリウッドのドルビー・シアターで幕開けた2020年度の第92回アカデミー賞授賞式。ステージに立った出席者からは、オスカーでの多様性の低さがさっそくネタにされた。(フロントロウ編集部)



オスカーで「多様性の低さ」がネタに



 2020年で92回目を迎えるアカデミー賞授賞式がついに開幕。今年は昨年に引き続き、司会者は置かずプレゼンターたちが進行役となったけれど、冒頭でステージに立ったコメディアンのスティーヴ・マーティンとクリス・ロックから、さっそくアカデミー賞を運営する映画芸術科学アカデミーに手痛いジャブが飛んだ。



 助演男優賞のプレゼンターを務めたレジーナ・キングを紹介するためにステージに立ったスティーヴとクリスは、こうジョークを飛ばした。



スティーヴ:「この92年間でオスカーがどれだけ変わったか考えてごらん」

クリス:「ああ、ずいぶんと変わったよね」

スティーヴ:「そう、1929年には演技賞での黒人のノミネートは1人もいなかったんだから」

クリス:「そして2020年になった今、1人ノミネートした」



 92年間での変化がたった1枠とく変化の少なさを、皮肉を込めてジョークへと変えたスティーヴとクリス。会場からはそんな2人のブラックジョークに笑いと拍手があがった。



2020年の演技賞は20枠中18枠が白人



 2020年度のアカデミー賞では、20ある演技賞のノミネーションのうち18を白人が占めている。演技賞にノミネートされた有色人種は、主演女優賞にノミネートされた映画『ハリエット』のシンシア・エリボと、主演男優賞にノミネートされた映画『ペイン・アンド・グローリー』のアントニオ・バンデラスの2人だけ。



アカデミー賞、「白人優位」をスピーチでネタにされる

シンシア・エリボ



 アカデミー賞と言えば、2016年に2年連続で20の演技賞のノミネートをすべて白人が占めたときにツイッターで「OscarSoWhite(オスカーは真っ白)」というハッシュタグがトレンド入りしたけれど、今回のノミネーションが発表されたときも、再びこのハッシュタグがツイッターでトレンド入りした。



 本年度は映画『ルディ・レイ・ムーア』のエディ・マーフィをはじめ、ノミネートが予想されながらもスルーされた有色人種の俳優が多くいる。(フロントロウ編集部)

あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「アカデミー賞 + 日本」のおすすめ記事

「アカデミー賞 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュース

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月10日の海外セレブ記事

キーワード一覧

  1. アカデミー賞 日本

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。