「仮死」を経験した服役囚、『終身』刑は終えたはずだと主張し釈放を要求

「仮死」を経験した服役囚、『終身』刑は終えたはずだと主張し釈放を要求



アメリカの服役囚が心停止を経験し、自分が終身刑を終えたと釈放を要求した。(フロントロウ編集部)



「仮死」から蘇生されたら別の人生?



 アメリカのアイオワ州で、殺人の罪で終身刑に服している66歳の男が、釈放を要求した。



 1997年に収監された男は、2015年に、腎臓結石によって少なくとも5回の心停止を経験。病院で蘇生が行なわれ、男は命を取り留めた。



 しかし男はその経験から、自分を釈放するよう裁判所に訴えを提出。



「仮死」を経験した服役囚、『終身』刑は終えたはずだと主張し釈放を要求



 男は、心停止という一時的な“死”を経験したのであれば、“終身”刑は終えたと考えられるはずだと主張した。



 昨年2018年に提出されたこの訴えは、今年2019年11月に「説得できるものではない」として棄却。裁判所は男に、終身刑は検視官によって死亡が確認されるまで続くと宣言した。(フロントロウ編集部)



 記事内の画像はすべてイメージです。

あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月14日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。