リアーナ、記念すべき自分のブランドに「日本産のあるもの」を採用

リアーナ、記念すべき自分のブランドに「日本産のあるもの」を採用



デザイナーとしても人気があるシンガーのリアーナが、自身のブランドであるフェンティに日本の要素を盛り込んでいた。(フロントロウ編集部)



リアーナが日本のデニムを起用



 2019年5月に非白人女性として初めてルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)やディオール(Dior)、ジバンシィ(Givenchy)、FENDI(フェンディ)といった世界的メゾンを束ねるLVMH社と契約し、自身のブランドであるフェンティ(Fenty)を設立したリアーナ



 現在はオンラインでしか展開していないものの、パリやニューヨークでのポップアップショップは大盛況で、ファッションデザイナーリアーナとしての実力を証明した。



リアーナ、記念すべき自分のブランドに「日本産のあるもの」を採用



 自身のファッションが注目され、ファッショニスタとしても活躍するリアーナは、フェンティの初めてのラインナップに日本の「あるもの」を起用していた。



 リアーナにとって記念すべき初のブランドに起用されたのは、日本の生デニム。フェンティで販売されているデニムパンツやデニムスカート、そしてデニムワンピースには、すべて日本の生デニムが使用されている。



リアーナ、記念すべき自分のブランドに「日本産のあるもの」を採用



 日本の生デニムは、他の国のデニムと比べるとかなり少量しか生産されておらず、手にしたことがある人は少ないものの、世界からの評価は高く、デニムファンなら1本は持っておきたい逸品として注目を集めている。



 そんな評価の高い日本の生デニムをリアーナは最も注目されるファーストコレクションに起用し、自身もポップアップストアのイベントなどで着用している。



リアーナ、記念すべき自分のブランドに「日本産のあるもの」を採用

パリのポップアップストアを訪れた際に着用したデニムワンピース。



 また、フェンティの初めてのデザインアイテムには、古代日本画が採用されており、親日家ぶりを発揮している。





 フェンティのデニムアイテムは安くても約4万円(360ドル)からと少々値は張ってしまうものの、高品質のアイテムを扱っているので、一度チェックしてみる価値あり。(フロントロウ編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

FRONTROWの記事をもっと見る 2019年8月18日のファッション記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「シャネル」のニュース

次に読みたい関連記事「シャネル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「プラダ」のニュース

次に読みたい関連記事「プラダ」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ファッションニュースアクセスランキング

ファッションランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目のファッションイベントやおしゃれスポット情報などをお届け中。