キアヌ・リーブス、生放送中の「放送事故」を未然に防ぐ【アカデミー賞】

キアヌ・リーブス、生放送中の「放送事故」を未然に防ぐ【アカデミー賞】



米時間2月9日にハリウッドのドルビー・シアターで幕開けた第92回アカデミー賞授賞式でプレゼンターを務めたキアヌ・リーブスが、受賞者の誤発表という放送事故を未然に防ぐシーンがあった。(フロントロウ編集部)



キアヌ・リーブスがオスカーのプレゼンター務める



 2020年度のアカデミー賞でアカデミー脚本賞のプレゼンターを、2003年の映画『恋愛適齢期』で共演したダイアン・キートンと務めたキアヌ・リーブス



キアヌ・リーブス、生放送中の「放送事故」を未然に防ぐ【アカデミー賞】



 ダイアンと2人で『恋愛適齢期』でのお互いの演技を「素晴らしかった」と褒め合う掛け合いを見せたあと、キアヌがお決まりのセリフである「脚本賞にノミネートされている方々はこちらです」とひと言。このあとは受賞候補の映像が流れて、その後に2人が封筒に書かれた受賞者の名前を発表するのだけれど、勘違いしたダイアンがノミネーション映像をすっ飛ばして「オッケー、これを開けるわね」と言って、受賞者が書かれた封筒を開けるアクションをはじめてしまった。



キアヌ・リーブス、生放送中の「放送事故」を未然に防ぐ【アカデミー賞】



 するとキアヌはすかさず、「ノー、まだだよ」と優しく言いながらダイアンが開けようとしていた封筒をそっと両手で挟んで合図。すぐに間違いを察知したダイアンは「ノー、まだね」と言って封筒をさっと下ろし、受賞者をフライング発表してしまうという放送事故は未然に防がれた。





 ちなみにダイアンはこの日緊張していたのか、受賞者を発表するときには、封筒を開けた手がすべって受賞者が書かれた紙をカメラ側に公開してしまいそうに。するとここでもキアヌがヘルプにまわり、ダイアンから紙を受け取ると、受賞した映画『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノ監督の名前を発表した。





(フロントロウ編集部)

あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「キアヌ・リーブス、生放送中の「放送事故」を未然に防ぐ【アカデミー賞】」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    韓国が素晴らしい国際賞を取ると妬んで嫌がらせを言う島国根性で卑屈で馬鹿な差別主義者がまた何か言うかな?笑 妬む前にお前が自分で素晴らしい国際的な賞をとって見せろよ。

    0
  • 匿名さん 通報

    哀れな朝鮮人だなw早く国へ帰れ!

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「ブルース・ウィリス」のニュース

次に読みたい関連記事「ブルース・ウィリス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ヒュー・ジャックマン」のニュース

次に読みたい関連記事「ヒュー・ジャックマン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ドウェイン・ジョンソン」のニュース

次に読みたい関連記事「ドウェイン・ジョンソン」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月10日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。