オリヴィア・ワイルド“3歳”娘がすでに『女性の役割』に染まる、「社会の影響」に苦悩

オリヴィア・ワイルド“3歳”娘がすでに『女性の役割』に染まる、「社会の影響」に苦悩



性別にとらわれない子育てを行なうオリヴィア・ワイルドが、3歳の娘がすでに女性の役割を意識していることを明かした。(フロントロウ編集部)



オリヴィア・ワイルド、「社会の影響」に苦悩



 ドラマ『The O.C.』や映画『トロン:レガシー』に出演し、2019年には映画『Booksmart(原題)』で監督として評価されたオリヴィア・ワイルドは、2014年に息子を、2016年に娘を出産した。



オリヴィア・ワイルド“3歳”娘がすでに『女性の役割』に染まる、「社会の影響」に苦悩



 性別にとらわれない子育てをしているオリヴィアだけれど、家族以外からの子どもへの影響に苦悩することがあるという。



「(娘の)デイジーが生まれて、女性は信じられないくらい多くの強さを持って生まれるのに、社会が早急に女性の役割を押しつけようとする様を目撃しましたね」



 オリヴィアが米InStyleのインタビューで明かしたところによると、デイジーちゃんは食後に兄の使ったお皿もキレイにしてあげようとしたことがあり、オリヴィアはそれを止めたという。またオリヴィアは過去のインタビューでも、2歳のデイジーちゃんがピンクは女の子のもので、ブルーは男の子のものといった固定概念に染まっていることに気がつき驚いたことを明かしていた。



オリヴィア・ワイルド“3歳”娘がすでに『女性の役割』に染まる、「社会の影響」に苦悩



 最近でいえば、自由に自立して生きるアナとエルサが主役のディズニー映画『アナと雪の女王2』のポスターで、プリンセスたちが感情をあらわに怒っている様子であることに感激したというオリヴィア。しかし、まだまだ社会では性別によって別々の価値観が割り当てられ、子どもたちが影響されていることを残念に感じているという。


あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月14日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。