マーゴット・ロビー、“無意識の女性差別”は毎日起こっている

マーゴット・ロビー、“無意識の女性差別”は毎日起こっている



俳優としても実業家としても活躍するマーゴット・ロビーが、毎日のなかに潜む“無意識の女性差別”に対して語った。(フロントロウ編集部)



マーゴット・ロビーが経験する無意識の性差別



 映画『スーサイド・スクワッド』や『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』への出演で有名な俳優マーゴット・ロビーは、2014年に映像プロダクションを友人3人とともに設立した実業家でもある。



マーゴット・ロビー、“無意識の女性差別”は毎日起こっている



 様々な分野からハリウッドに携わり第一線で活躍するマーゴットだけれど、“直接的ではない性差別”はまだまだ日々のなかで起こっていると英Glamourで明かす。



「誰かが質問していて私が答えを持っている時でも、彼らはすぐに私のプロダクションのパートナーである男性に質問する。経理の話だから男性に聞こうとする。するとプロダクションパートナーたちは、『答えを知っている人は彼女だよ。彼女に聞きなよ!』と言うの。私たちはこういう社会の価値観のなか育ってきた」



 分からないことがあれば男性に聞くという無意識な差別について実体験を語ったマーゴットは、「性差別は人々の間に深く根づいているもの。もしあなたが決断する立場だったとしても、部屋にいる中で1番親しく年上の男性に話して、質問するでしょう」とチクリ。



マーゴットが感じる変化



 しかし、現在20代であるマーゴットは、社会の変化も感じるという。



「現代ではみんな(社会に存在する)差別について気がついていて、自分自身(の差別意識)にたびたびハッとするのは興味深いことだと思う。みんな平等の考えを大切にしたいんだろうね」



マーゴット・ロビー、“無意識の女性差別”は毎日起こっている



 過去には、自身が制作に携わった映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』のPR中に、記者たちから結婚生活のことばかりを聞かれて「結婚したからって何かを成し遂げたわけじゃない」と言い返したこともあるマーゴット。そんな彼女だけれど、社会が良い方向に向き始めていることにはポジティブな感情を抱いているよう。(フロントロウ編集部)

あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ケイト・ブランシェット」のニュース

次に読みたい関連記事「ケイト・ブランシェット」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジェニファー・ローレンス」のニュース

次に読みたい関連記事「ジェニファー・ローレンス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ヘレン・ミレン」のニュース

次に読みたい関連記事「ヘレン・ミレン」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月16日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。