“実話”のクリント・イーストウッド新作、女性記者の「まくら営業」シーンは『嘘』ボイコット広がる

“実話”のクリント・イーストウッド新作、女性記者の「まくら営業」シーンは『嘘』ボイコット広がる
拡大する(全5枚)

“実話”のクリント・イーストウッド新作、女性記者の「まくら営...の画像はこちら >>



クリント・イーストウッド監督最新作で、史実を基にした映画『リチャード・ジュエル』。このなかに登場する女性記者の描かれ方に批判の声が多く上がっている。(フロントロウ編集部)



実在の人物たちを基にした『リチャード・ジュエル』



 ハリウッドの巨匠として名を馳せるクリント・イーストウッドの最新監督作『リチャード・ジュエル』において、女性レポーターの描き方に問題があるとして弁護士が介入するほどの事態となり、インターネット上ではボイコット運動が発生している。



“実話”のクリント・イーストウッド新作、女性記者の「まくら営業」シーンは『嘘』ボイコット広がる

ⒸWARNER BROS. / Album/Newscom



 アメリカでは12月13日に公開される『リチャード・ジュエル』は、1996年にアトランタオリンピックで発生した爆破テロ事件をもとにした作品。そのほとんどの登場人物に、モデルとなった実在の人物がいる。



 本作では、爆発物を発見したリチャード・ジュエルが英雄扱いされたのちに、FBIから容疑者として執拗な取り調べを受け、さらにメディアの過熱する報道に追い詰められていく様子を描く。



 劇中でオリヴィア・ワイルドが演じた記者キャシー・スクラッグスは、アトランタを拠点とする報道機関Atlanta Journal Constitution(AJC)で手腕を振るった人物であり、FBIがリチャードに疑惑を向けたことを初めにスクープした。



“実話”のクリント・イーストウッド新作、女性記者の「まくら営業」シーンは『嘘』ボイコット広がる

キャシーを演じたオリヴィア。



 AJCはキャシーの実力を高く評価しており、2001年にキャシーが死去した際には、彼女を称えるためにAJCの建物にキャシーの名をつけたほど。


この記事の画像

「“実話”のクリント・イーストウッド新作、女性記者の「まくら営業」シーンは『嘘』ボイコット広がる」の画像1 「“実話”のクリント・イーストウッド新作、女性記者の「まくら営業」シーンは『嘘』ボイコット広がる」の画像2 「“実話”のクリント・イーストウッド新作、女性記者の「まくら営業」シーンは『嘘』ボイコット広がる」の画像3 「“実話”のクリント・イーストウッド新作、女性記者の「まくら営業」シーンは『嘘』ボイコット広がる」の画像4
「“実話”のクリント・イーストウッド新作、女性記者の「まくら営業」シーンは『嘘』ボイコット広がる」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

クリント・イーストウッドのプロフィールを見る
FRONTROWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「クリント・イーストウッド」に関する記事

「クリント・イーストウッド」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「クリント・イーストウッド」の記事

次に読みたい「クリント・イーストウッド」の記事をもっと見る

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク