エリザベス女王に「95歳引退説」、チャールズ皇太子のスポークスマンがコメント

エリザベス女王に「95歳引退説」、チャールズ皇太子のスポークスマンがコメント



ロイヤルファミリーのエリザベス女王が、95歳で息子チャールズ皇太子にその地位をゆずるのではないかというウワサが広がっている。(フロントロウ編集部)



在位67年を誇る、現在93歳のエリザベス女王



 英国王室のエリザベス女王は、1926年生まれの93歳。1952年に女王の座についたエリザベス女王は今年で在位67年となり、存命する在位中の君主の中で世界最高齢であり、世界第1位の長期在位君主でもある。



 そんなエリザベス女王が、95歳で退位するのではないかというウワサが、ここ数年でまことしやかにささやかれている。



エリザベス女王に「95歳引退説」、チャールズ皇太子のスポークスマンがコメント



 ことの発端は、イギリス人ジャーナリストのロバート・ジョブソンによる2018年の著作『Charles at Seventy(原題)』。ロバートはその中で、王室の上級補佐官に聞いた話として、このように述べている。



「もし女王が95歳まで存命であれば、女王はチャールズ皇太子に統治を任せることを考えるでしょう」



エリザベス女王に「95歳引退説」、チャールズ皇太子のスポークスマンがコメント



 2018年に注目されたこの「95歳引退説」が今ふたたび注目された理由には、エリザベス女王の第3子であるアンドリュー王子の、ジェフリー・エプスタインとの交流がある。



 ジェフリーは、トレーダーとして財を成した大富豪でありながら、裏では性的搾取を目的とする未成年者の人身取引を行なっていたとして、2008年と2019年に逮捕されている。ジェフリーは、2019年8月に、拘留所内で首をつって死亡しているところが確認された。そしてジェフリーは各国の政界との繋がりが深く、そのなかにはアンドリュー王子も含まれていた。


あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月10日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。