97%の確率で「くぅーかっくいー」と言ってしまう『ホーム・アローン』ジョー・ペシの武勇伝

97%の確率で「くぅーかっくいー」と言ってしまう『ホーム・アローン』ジョー・ペシの武勇伝



映画『グッドフェローズ』でアカデミー賞を受賞し、『ホーム・アローン』や『アイリッシュマン』などで知られる俳優のジョー・ペシ。そんな彼のかっこよすぎるエピソードが、約27年ぶりに明かされた。(フロントロウ編集部)



ギャング系の役で知られるジョー・ペシ



 ジョー・ペシは、映画『グッドフェローズ』でアカデミー賞助演男優賞を受賞した名優。さらにキッズ世代には、クリスマスの定番映画『ホーム・アローン』で主人公ケビンに翻弄される強盗2人組のひとりハリー役で知られる。



97%の確率で「くぅーかっくいー」と言ってしまう『ホーム・アローン』ジョー・ペシの武勇伝

© United Archives/Impress/United Archives/Newscom



 イタリアンマフィアや『ホーム・アローン』の強盗のようなギャング系の役柄を演じることが多いジョーだけれど、そんな彼が、ちょうど『ホーム・アローン2』が公開された1992年に起こしたエピソードが、27年経った今ついに明かされた。



『ホーム・アローン』を見た青年に返した言葉



 そのエピソードをツイッターで明かしたのは、ドキュメンタリー映画『アマンダ・ノックス』の監督として知られるロブ・ブラックハースト。



 12歳の時にジョー・ペシに偶然会ったというロブは、その時のできごとをこう明かした。



「1992年、僕は12歳。父とニューアークの空港にいた。ジョー・ペシを見かけて、『ホーム・アローン』の人だって気づいたんだ。彼のところに言って、サインをお願いした。そうしたらジョーは、一番好きな俳優は誰かって聞いてきた。彼だって答えたよ。そうしたら彼はね、『坊や正しい答えだな』と言って新札の100ドル札を僕に渡したんだ」


あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「アカデミー賞 + 日本」のおすすめ記事

「アカデミー賞 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュース

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月31日の海外セレブ記事

キーワード一覧

  1. アカデミー賞 日本

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。