『パラサイト』4冠、圧勝に世界が大興奮!史上最高の番狂わせが起きた2020年のアカデミー賞の傾向は?

『パラサイト』4冠、圧勝に世界が大興奮!史上最高の番狂わせが起きた2020年のアカデミー賞の傾向は?



日本時間2020年2月10日に、第92回アカデミー賞授賞式が開催された。注目の韓国映画『パラサイト 半地下の家族』の大躍進や、気になる「白人優位」の問題など、アカデミー賞の受賞結果の傾向をご紹介。(フロントロウ編集部)



韓国映画の大躍進!『パラサイト』の勢いが最高潮に



 2020年アカデミー賞の最大の勝者は、なんといっても『パラサイト 半地下の家族』だった。



『パラサイト』4冠、圧勝に世界が大興奮!史上最高の番狂わせが起きた2020年のアカデミー賞の傾向は?



 本作は、韓国映画史上初めてオスカーをつかみ取った作品で、外国語映画として史上初めて最高の栄誉とされる作品賞を受賞。



 「字幕は読まない」とされるアメリカの劇場でヒットを遂げ、オスカーの92年の歴史において初の快挙を達成した。



『パラサイト』4冠、圧勝に世界が大興奮!史上最高の番狂わせが起きた2020年のアカデミー賞の傾向は?



 アカデミー賞のノミネーションと受賞に投票ができるのは、米映画芸術科学アカデミーの会員。投票する会員の84%が白人のため、アカデミー賞は白人が共感できる白人主導の作品が優位と長年されてきた。そんななか、アジア人が主導となった作品が選ばれたことは、素晴らしい快挙。



 ちなみに『パラサイト 半地下の家族』はカンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞して以来、約181億円(1億6千万ドル)の興行収入を上げている。



『パラサイト』4冠、圧勝に世界が大興奮!史上最高の番狂わせが起きた2020年のアカデミー賞の傾向は?



 2020年の作品賞の有力候補としては、多くの予想者によってクエンティン・タランティーノ監督の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』やサム・メンデス監督の『1917 命をかけた伝令』が挙げられていただけに大きな番狂わせとなったが、会場は一丸となって『パラサイト 半地下の家族』チームを祝福した。


あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「『パラサイト』4冠、圧勝に世界が大興奮!史上最高の番狂わせが起きた2020年のアカデミー賞の傾向は?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    パラサイトとは、洒落にならんが、日本にも親に寄生して財産を食い尽くすニートが、沢山いるからな。。

    0
この記事にコメントする

「アカデミー賞 + 日本」のおすすめ記事

「アカデミー賞 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュース

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月10日の海外セレブ記事

キーワード一覧

  1. アカデミー賞 日本

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。