シュート決めたら無料ポテト、マクドナルドがNBAチームと行った「約束」のせいで4億円以上を失う

シュート決めたら無料ポテト、マクドナルドがNBAチームと行った「約束」のせいで4億円以上を失う



カナダのNBAプロバスケットボールチームが「あること」をすると、マクドナルドがポテトを無料配布。マクドナルド側の予想に反して、その量がすごいことに。(フロントロウ編集部)



 カナダのトロントを本拠地とするNBAチームのトロント・ラプターズは、プロバスケットボールリーグNBAに属する30チームのうち、唯一アメリカ合衆国以外に本拠地を置くチームで。ラッパーのドレイクが大ファンを公言しているチームでもある。 



シュート決めたら無料ポテト、マクドナルドがNBAチームと行った「約束」のせいで4億円以上を失う



 そんなラプターズは、2018年に大手ハンバーガーチェーンのマクドナルドとスポンサー契約を結ぶことに。その契約のなかでは、ラプターズが1試合で3ポイントシュート(※)を12回決めた場合、オンタリオ州のマクドナルドでMサイズのマックポテトを無料で配布するというもの。
※ゴールから6.75m のスリーポイントラインより遠くから打つシュート。



 マクドナルドは当初、シーズンを通して70万個程度の無料ポテトが配布されると予想していたそうだけれど、その読みは甘すぎたよう。



 というのも、これまで優勝歴0回、ファイナル進出歴0回のラプターズが、2019年はスーパープレーを連発して勝ちまくっているから。



シュート決めたら無料ポテト、マクドナルドがNBAチームと行った「約束」のせいで4億円以上を失う



 現在、全NBAチームのトップを決めるプレーオフに挑んでいるラプターズは、3ポイントシュート12回を、すでに54試合で達成。そのたびにオンタリオ州の各マクドナルドにはファンがつめかけ、1晩で約8万個もの「無料ポテト」が配布されたこともあったという。


あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る 2019年6月14日のびっくり記事
「シュート決めたら無料ポテト、マクドナルドがNBAチームと行った「約束」のせいで4億円以上を失う」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    宣伝を考えれば安いものだろう。

    0
  • 匿名さん 通報

    チームの実力を甘く見ていたか?まあスポンサード時の取り決めなら仕方ない。良い宣伝にはなっているじゃないかな。コストは高いが。店舗で客商売をやる上で店に脚を運んで貰う事は大事。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。