ジャスティン・ビーバーが原因で妻ヘイリーのコスメライン商標登録が却下

記事まとめ

  • ヘイリー・ビーバーが、コスメブランドを立ち上げるために「Bieber Beauty」の商標登録を申請。
  • 2003年、ジャスティン・ビーバー側から同じ商標が登録されており、ヘイリーの申請は却下されてしまった。
  • 現在夫であるジャスティンは、当時9歳と幼かったため、親が申請して今まで知らなかった可能性もある。

ヘイリー・ビーバー、夫ジャスティンが原因でコスメライン商標登録が却下

ヘイリー・ビーバー、夫ジャスティンが原因でコスメライン商標登録が却下



モデルのヘイリー・ビーバーが申請していた「Bieber Beauty」の商標が却下された。受理されなかったのは、夫ジャスティン・ビーバーの過去の行動が原因…?(フロントロウ編集部)



 2018年にシンガーのジャスティン・ビーバーと結婚したモデルのヘイリー・ビーバー(旧姓ヘイリー・ボールドウィン)。自身の新しい「ビーバー」姓を使って、コスメブランドを立ち上げるため「Bieber Beauty(ビーバー・ビューティー)」というワードの商標登録を米国特許庁に申請していたのだが、これが拒否されたことが明らかになった。



ヘイリー・ビーバー、夫ジャスティンが原因でコスメライン商標登録が却下



 しかもヘイリーの商標登録が受理されなかった理由に、なんと夫のジャスティンが関係しているという。



「Bieber Beauty」が却下されたのは、夫ジャスティンのせい?



 既存の商標と類似または、一致していると拒否されてしまう商標登録の申請。ヘイリーが登録しようとした「Bieber Beauty」はすでに商標が存在し、米メディアThe Blastが入手した法的資料によると、これが登録されたのはさかのぼること2003年。なんとジャスティン側が、ヘイリーのようにコスメブランドを立ち上げることを見越して登録していた。



 この資料が正しいものであれば、2003年当時ジャスティンはわずか9歳。ジャスティンはデビューしておらず、年齢を考えると彼の親が申請したと考えるのが妥当。そのため、ジャスティン本人も「Bieber Beauty」の商標の存在を知らなかった可能性が十分あり得る。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ジャスティン・ビーバー Instagram
  2. ジャスティン・ビーバー セリーナ・ゴメス
  3. ジャスティン・ビーバー ピコ太郎
FRONTROWの記事をもっと見る 2019年6月24日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ジャスティン・ビーバー + 婚約」のおすすめ記事

「ジャスティン・ビーバー + 婚約」のおすすめ記事をもっと見る

「ジャスティン・ビーバー + Instagram」のおすすめ記事

「ジャスティン・ビーバー + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ブリトニー・スピアーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「ブリトニー・スピアーズ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。