『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』トニー・スタークの眼鏡「E.D.I.T.H.」の意味

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』トニー・スタークの眼鏡「E.D.I.T.H.」の意味



映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』に登場したトニー・スタークのサングラスに隠された意味がやばい。(フロントロウ編集部)



※この記事には映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のネタバレが含まれます。



眼鏡に搭載されたAI「E.D.I.T.H.」



 映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の出来事がダイレクトに関係する映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』では、様々な形でロバート・ダウニー・Jr.が演じたトニー・スターク(アイアンマン)の姿が映し出された。



 なかでも、トム・ホランド演じるピーター・パーカー(スパイダーマン)のためにトニー・スタークが託した最後の贈り物であるAI搭載のサングラスは、ストーリーにも大きく影響する重要なアイテム。



via GIPHY



 このサングラスは、トニー・スタークが『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で使用していたもので、ここにはトニー・スタークのレガシーを感じるメッセージが隠されていた。



『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』トニー・スタークの眼鏡「E.D.I.T.H.」の意味



 サミュエル・L・ジャクソン演じるニック・フューリーが、トニー・スタークから預かり、後にピーター・パーカーに手渡されたサングラスには、「E.D.I.T.H.(イーディス)」という人工知能が搭載されており、これでプライベートなテキストメッセージもひと目で監視できるほか、人工衛星のように地球の外に駐在する殺人ドローンのコントロールができる。



 トニー・スタークの頭脳が詰まったこのサングラス。その機能もさることながら、人工知能のネーミングにも深い意味が。



 それは、「E.D.I.T.H.(イーディス)」の頭文字が「Even Dead I’m The Hero(死んでも私がヒーローだ)」だということ。



 『アベンジャーズ/エンドゲーム』でこの世を去った天才トニー・スタークらしいメッセージが含まれていた。



 トニー・スタークが、「E.D.I.T.H.(イーディス)」と命名したのかは分からないが、ファンの間では、サノスの指パッチン後の5年間で、人工衛星式ドローン爆撃機を設置し、サングラスを改良したと考えられている。(フロントロウ編集部)

あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る 2019年7月22日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。