『ソニック・ザ・ムービー』キャラデザイン総入れ替えには一体いくらかかった!?

『ソニック・ザ・ムービー』キャラデザイン総入れ替えには一体いくらかかった!?



不評だったキャラクターデザインを改良した映画『ソニック・ザ・ムービー』。そのキャラクター改良にかかった費用が話題になっている。(フロントロウ編集部)



ソニック改良にいくらかかった?



 日本発のゲーム『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』をもとにした映画『ソニック・ザ・ムービー』は、制作発表当初からゲームファンたちの熱い視線を集めていた。しかし、5月初めに公開された予告に登場した主人公ソニックの姿が、ゲーム版と比べて胴が長く、歯も真っ直ぐで、まるで人間のようなデザインであったため「不気味すぎる」、「こんなのソニックじゃない」と大不評だった。



『ソニック・ザ・ムービー』キャラデザイン総入れ替えには一体いくらかかった!?

©Paramount Pictures/ YouTube



 これを受け、監督を務めるジェフ・ファウラーはツイッターを通じて、当初よりも公開日を3ヵ月延期し、キャラクターアートの改善に着手すると発表。2019年11月、ゲームに登場したソニックに近づいた、可愛らしくヤンチャなイメージが全面に出ているデザインに変更された“改良型ソニック”の予告編が公開され、ファンを喜ばせた。



『ソニック・ザ・ムービー』キャラデザイン総入れ替えには一体いくらかかった!?

©Paramount Pictures/ YouTube



 そんな“ソニックの改良”にかかった期間は約6ヵ月程度しかなかったため、一体いくら費用がかかったのかがファンの間で話題に。最も有力視されていたウワサは、アニメ情報をツイートする個人のアカウントが発した約38億円(3500万ドル)という情報で、その莫大な費用を回収できるのかという心配ムードがファンの中で漂っていた。



 しかし米Indiewireが『ソニック・ザ・ムービー』の制作に近い情報筋に調査したところ、かかった費用は、ファンの予想をはるかに下回る5億4千万円(500万ドル)程度の見込みだという。さらに、同メディアによると「ソニックのデザイン改良」という作業がチームを苦しめたというウワサも、真実ではないそう。





 いずれにせよ、最初の経費より多く費用がかさんでしまった『ソニック・ザ・ムービー』に対し、海外のファンたちは「さあ、みんなソニックを見に行って応援しよう」「ソニックの制作チームがたくさん働いたことは間違いない」と、ねぎらいと励ましの声を送っている。



 映画『マスク』などで知られるジム・キャリーがソニックの宿敵ドクター・エッグマンを演じ、ソニックとバディを組む警察官のトム・ウォシャウスキー役をドラマ『ウエストワールド』のジェームズ・マースデンが演じる『ソニック・ザ・ムービー』は、日本では2020年3月27日から公開がスタート。(フロントロウ編集部)

あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る 2019年11月20日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。