エリザベス女王、ヘンリー王子&メーガン妃の高位王族「引退」は“寝耳に水”

エリザベス女王、ヘンリー王子&メーガン妃の高位王族「引退」は“寝耳に水”



イギリス王室のヘンリー王子とその妻メーガン妃が高位王族の座を退くことを表明した件で、エリザベス女王が公式拠点とするバッキンガム宮殿が声明文を発表した。(フロントロウ編集部)



ヘンリー王子&メーガン妃の決断に激震走る



 2018年5月に結婚したイギリス王室のヘンリー王子メーガン妃が、公式インスタグラムアカウント「@SussexRoyal」を通じて、ロイヤルファミリーのシニアメンバーとしての座を退く意向を表明したことをうけて、エリザベス女王が公式拠点とするバッキンガム宮殿が公式声明文を出した。



 以下、バッキンガム宮殿が発表した声明文の全訳。



 「サセックス公爵とサセックス侯爵夫人の件についての話し合いはまだ初期段階にあります。従来とは違う方法で王室と関わっていきたいという2人の考えを理解していますが、この件に関しては複雑な事情が絡んでいるため、解決するのにそれなりの時間を要することになるでしょう」





 ヘンリー王子とメーガン妃の声明では、2人が高位王族を退くことはほかの王室メンバーの合意に基づく決定事項のように語られていたが、「話し合いはまだ初期段階にある」という言葉からもわかるように、“自立したい”という2人の訴えに対する王室からの同意はまだ完全には得られていないよう。



 ちなみに、米Peopleによると、エリザベス女王を含む王室のメンバーは誰1人として、ヘンリー王子とメーガン妃からこの件に関する相談を受けておらず、「高位王族を退く」という今回の発表はまさに“寝耳に水”だったという。王室の面々はヘンリー王子とメーガン妃の決断に非常に落胆しているそうで、イギリス国民だけでなく、王室にも大きなショックを与えたことが伝えられている。



エリザベス女王、ヘンリー王子&メーガン妃の高位王族「引退」は“寝耳に水”



 父で次期国王でもあるチャールズ皇太子、そして兄のウィリアム王子らに続いて、王位継承順位第6位の座に就くヘンリー王子と、妻メーガン妃の高位王族引退騒動。今後も王室への協力は続けるが、経済的に自立して、イギリスと北米の国を行き来しながら暮らしたいという2人の夢は果たして叶うのか。(フロントロウ編集部)

あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月9日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。