ゼンデイヤが薬物中毒者の役で主演、ドラマ『ユーフォリア』のシーズン2の制作が決定

ゼンデイヤが薬物中毒者の役で主演、ドラマ『ユーフォリア』のシーズン2の制作が決定



ラッパーのドレイクと女優のゼンデイヤがタッグを組んだ話題作、ドラマ『ユーフォリア(原題:Euphoria)』のシーズン2の制作が決定した。



 6月16日に放送が開始された米HBOの新ドラマ『ユーフォリア』は、ドラッグやセックス、アイデンティティー、ソーシャルメディアなどに悩みながら、恋愛や友情といった人間関係に苦しむ高校生たちをリアルに描いた作品。公開されてからこれまで、1エピソードあたり約550万人に視聴されている話題作。



 そんな人気ドラマ『ユーフォリア』から、早くもシーズン2の制作が決定。



 薬物中毒者の役で、主演を務めるゼンデイヤも制作決定について、「たった今電話をもらった。みんなからの支援には感謝を言い切れない」と、喜びと感謝のコメントをツイッターに投稿した。





 ドラマ『ユーフォリア』のシーズン1は米HBOにて放送中で、日本では9月以降にBS10 スターチャンネルで放送予定。シーズン2の放送開始日は未定。(フロントロウ編集部)

あわせて読みたい

FRONTROWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月12日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。