ロバート・デ・ニーロ、「パワハラ」「セクハラ」で“13億円”の裁判を起こされる

ロバート・デ・ニーロ、「パワハラ」「セクハラ」で“13億円”の裁判を起こされる
       

ロバート・デ・ニーロ、「パワハラ」「セクハラ」で“13億円”...の画像はこちら >>



最近では『ジョーカー』への出演で注目を集めるロバート・デ・ニーロが、元従業員の女性から女性差別によって訴えられた。(フロントロウ編集部)



ロバート・デ・ニーロに、疑惑



 映画『ジョーカー』でマーレイ・フランクリンを演じたロバート・デ・ニーロが、自身の会社CanalProductionsでプロダクションとファイナンス部門の副社長として働いていたグレイアム・チェイス・ロビンソンから、長年にわたり性別による差別を行なったとして訴えられた。



 ロビンソン氏は、約13億円の損害賠償を求めている。



ロバート・デ・ニーロ、「パワハラ」「セクハラ」で“13億円”の裁判を起こされる



 ロビンソン氏が米ニューヨークの連邦裁判所に提出した資料によると、彼女は毎週20~30時間の残業を強いられており、残業代は支払われなかったという。さらに、「特殊なスキルや努力、責任がともわない仕事をする男性社員」よりも給与が低いことに異議を唱えたロビンソン氏に、ロバートは「男性は、子供のいない女性よりも高い給与に値する」と暗に示したそう。



 また、ロビンソン氏の役職はプロダクションとファイナンス部門の副社長だったけれど、彼女によるとロバートには「職場での妻」のように扱われていたという。ロバートの服を片づけたり、彼の子供へのプレゼントを選んだり、彼の家の掃除をしたりといったこともしなくてはいけなかったそう。他にも、ロバートを起こしたり、背中をかいたり、シャツのボタンを留めて襟を直し、ネクタイを結んだりといったことまで指示されたこともあったという。


あわせて読みたい

ロバート・デ・ニーロのプロフィールを見る
FRONTROWの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「アーノルド・シュワルツェネッガー」のニュース

次に読みたい関連記事「アーノルド・シュワルツェネッガー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ヒュー・ジャックマン」のニュース

次に読みたい関連記事「ヒュー・ジャックマン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「リーアム・ニーソン」のニュース

次に読みたい関連記事「リーアム・ニーソン」のニュースをもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月4日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。