「V6を愛してくれてありがとう」岡田准一が写真展を開催
拡大する(全1枚)

岡田准一さんが自身初となる写真展「Guys 俺たち」を開催。会場を訪れた際の写真が公開されました。

2021年11月1日のライブをもって、26年のグループ活動にピリオドを打ったV6。四半世紀以上を共に過ごしたメンバーは、「この6人でなければV6ではない」という共通認識のもと、活動を続けてきました。

岡田さんは、グループ活動に幕を下ろすことが決まってから、6人で過ごすときは常にカメラを携え、心の琴線に触れた瞬間、シャッターを押してきました。写真展「Guys 俺たち」では、岡田さんだから切り取れた写真が展示されています。

<V6の関連記事>

写真集は1枚1枚にこだわりの加工を

写真展の開催のきっかけとなった写真集「Guys 俺たち」も、同日に発売。岡田さんは、デジタルとフィルム、さまざまなカメラを状況に応じて使い分けていますが、写真集には、あえてフィルムカメラで撮影したアナログな写真のみを掲載。ページには、作意のない、ありのままのメンバーの姿が息づいています。

写真集の装丁は、“アルバム”をコンセプトに、上質なクロス張りの上製本で仕上げ、さらに写真1枚1枚に、実際に銀塩プリントがアルバム台紙に貼られているような特殊印刷加工を施した、愛蔵版となっています。

岡田さんが「あとがき」として自ら書き下ろした“言葉”と合わせて、注目です。

写真展では約7000枚から300点の厳選写真を展示!

そして14日間行われる写真展では、岡田さんが約2年にわたって撮り続けた約7000カットと改めて対峙し、“写真展でお届けしたい写真”約300点まで厳選された写真を展示。