『アフリカの夜』は「人生を見つめ直すきっかけになるかも」<信子と庸平>の本音対談【春ドラマ編】
拡大する(全4枚)
春ドラマ対談を行った信子と庸平

エンタメ通の編集&ライターの信子と、ドラマ大好きライターの庸平が「春に見てほしい名作ドラマ」5本をセレクトし、本音でトーク!

『ひとつ屋根の下』(1993年、97年)、『ロングバケーション』(96年)、『アフリカの夜』(99年)、『プロポーズ大作戦』(2007年)、『名前をなくした女神』(11年)と、いずれも4月クールに放送された名作について語り尽くします。

ここでは、『アフリカの夜』、『プロポーズ大作戦』、『名前をなくした女神』のトークをご紹介します。

『きらきらひかる』『タブロイド』『アフリカの夜』は、物語を貫く縦軸が通っているのが特徴

信子&庸平の『春の名作ドラマ放談』>

『アフリカの夜』は「人生を見つめ直すきっかけになるかも」<信...の画像はこちら >>

――1999年放送の『アフリカの夜』は、庸平さんのオールタイムベスト3に入る作品だそうですね。

『アフリカの夜』は「人生を見つめ直すきっかけになるかも」<信子と庸平>の本音対談【春ドラマ編】
信子と庸平が対談で勧めたドラマ『アフリカの夜』

庸平:信子さんは、見たことないんですか?

信子:木曜10時の枠は、裏で『魔女の条件』(TBS/99年)をやっていたんですよね。滝沢秀明さんの色香にやられてしまって…。

庸平:『アフリカの夜』は1話が修学旅行と重なって、録画に失敗して見られなかった思い出があります。物語は、いろんな人が住んでいる「メゾン・アフリカ」というアパートを舞台にした群像劇で、その中に指名手配犯が潜んでいるんです。

信子:室井滋さんが演じる指名手配犯が、整形を重ねて逃走劇を繰り広げた福田和子みたいな設定で。

庸平:彼女はDV夫を殺しちゃって、整形して偽名でアパートに住んでいるんです。恋に破れた鈴木京香さん演じる主人公がそのアパートにやってきて、室井さん演じる世話好きのおばちゃんや、個性的過ぎる住人たちとやりとりをしながら成長していく姿がとてもよかった。


この記事の画像

「『アフリカの夜』は「人生を見つめ直すきっかけになるかも」<信子と庸平>の本音対談【春ドラマ編】」の画像1 「『アフリカの夜』は「人生を見つめ直すきっかけになるかも」<信子と庸平>の本音対談【春ドラマ編】」の画像2 「『アフリカの夜』は「人生を見つめ直すきっかけになるかも」<信子と庸平>の本音対談【春ドラマ編】」の画像3 「『アフリカの夜』は「人生を見つめ直すきっかけになるかも」<信子と庸平>の本音対談【春ドラマ編】」の画像4