北川景子「さらに若返る!」55歳から始めたい“肉体改造”を語る
拡大する(全2枚)

5月9日、映画「大河への道」の先行プレミア上映イベントが行われ、中井貴一さん、松山ケンイチさん、北川景子さん、岸井ゆきのさん、和田正人さん、溝口琢矢さん、平田満さん、橋爪功さんが登壇しました。

北川景子「さらに若返る!」55歳から始めたい“肉体改造”を語...の画像はこちら >>

本作は、日本地図を作った伊能忠敬を主役にした大河ドラマの実現を目指す人たちの物語。日本地図完成に隠された秘話も明らかになり、現代パートと江戸パートの2つの視点から描かれます。

イベントでは、55歳から地図作りを始めた伊能忠敬にちなんで、「55歳から始めたいことは?」と質問がされました。

松山さんは「家を一人で建ててみたい」と回答。「職人の手を借りず、基礎から作ってみたい。作ったことがないので、穴を掘ってやりたいですよね。そうなると重機の免許も必要」と具体的に明かしました。

北川さんは「肉体改造をしたい!」と答えると、「55歳を超えるとだんだん体が衰えていくので、そこで私は逆行したい。55歳からさらに若返る」と宣言。

「山登とかをして、足腰を鍛えて、体の中から…」と、美ボディに対するこだわりが垣間見られました。

北川景子「さらに若返る!」55歳から始めたい“肉体改造”を語る

すると、岸井さんが「ムキムキになるのかと思った!」と北川さんの発言を勘違いし大笑い。北川さんは「変なこと言っちゃった!?」と照れ笑いしました。

この記事の画像

「北川景子「さらに若返る!」55歳から始めたい“肉体改造”を語る」の画像1 「北川景子「さらに若返る!」55歳から始めたい“肉体改造”を語る」の画像2