矢部太郎 漫画創作の原動力は「死ぬまでにできることをやるしかないなという覚悟ですかね」

矢部太郎 漫画創作の原動力は「死ぬまでにできることをやるしかないなという覚悟ですかね」
拡大する(全9枚)
矢部太郎著書「ぼくのお父さん」書影

エッセイ漫画「大家さんと僕」シリーズ(新潮社)が累計120万部を突破、第22回手塚治虫文化賞短編賞を受賞したお笑い芸人の矢部太郎が、最新作「ぼくのお父さん」(新潮社)を刊行。

刊行を記念して行った千原ジュニアとの対談記事はこちら!

矢部の父は、絵本作家のやべみつのり氏。本作は、40年前の東京・東村山を舞台に、子煩悩で風変わりな絵本作家の「おとうさん」と5歳の「ぼく」の日々をユーモラスに描いた自伝的家族漫画だ。

矢部太郎 漫画創作の原動力は「死ぬまでにできることをやるしか...の画像はこちら >>
矢部太郎 漫画創作の原動力は「死ぬまでにできることをやるしかないなという覚悟ですかね」
矢部太郎著書「ぼくのお父さん」のサンプルページ

おっとりとした口調で丁寧に言葉を選びながら話す矢部に、ほのぼのとしてちょっと切ない作品世界に込めた思いを聞いた。

<矢部太郎 インタビュー>

矢部太郎 漫画創作の原動力は「死ぬまでにできることをやるしかないなという覚悟ですかね」
インタビューに答える矢部太郎

――2年ぶりの新刊が刊行される今のお気持ちは?

うれしいですね。また本が出せて、みなさんに読んでもらえる。読者の方に手に取ってもらえる喜びはもちろんですが、前に本を出したときに応援してくれた書店員さんや、本を描いたから会える人たちに、また会えるかもしれないのもうれしいです。

――前作では、階下に住む88歳の大家さんとの交流が描かれましたが、今回「ぼくのお父さん」を描こうと思ったきっかけは?

あるときお父さんから、「『大家さんと僕』の次は、『お父さんと僕』を描いたら?」と言われたんです。僕としても、大家さんぐらい変わり者で面白くて魅力的な人といったら、ベクトルは全然違うけどお父さんもそうだよな…と思ったのが始まりです。

その頃、「大家さんと僕」の取材で子どもの頃の写真をくださいと言われることが多くて、実家に連絡して送ってもらったんです。そしたら、思った以上にでかい箱が届いて。その中に、僕が子どもの頃に描いた絵や、お父さんが作ってくれたおもちゃがどっさり入ってたんですよね。


この記事の画像

「矢部太郎 漫画創作の原動力は「死ぬまでにできることをやるしかないなという覚悟ですかね」」の画像1 「矢部太郎 漫画創作の原動力は「死ぬまでにできることをやるしかないなという覚悟ですかね」」の画像2 「矢部太郎 漫画創作の原動力は「死ぬまでにできることをやるしかないなという覚悟ですかね」」の画像3 「矢部太郎 漫画創作の原動力は「死ぬまでにできることをやるしかないなという覚悟ですかね」」の画像4
「矢部太郎 漫画創作の原動力は「死ぬまでにできることをやるしかないなという覚悟ですかね」」の画像5 「矢部太郎 漫画創作の原動力は「死ぬまでにできることをやるしかないなという覚悟ですかね」」の画像6 「矢部太郎 漫画創作の原動力は「死ぬまでにできることをやるしかないなという覚悟ですかね」」の画像7 「矢部太郎 漫画創作の原動力は「死ぬまでにできることをやるしかないなという覚悟ですかね」」の画像8
「矢部太郎 漫画創作の原動力は「死ぬまでにできることをやるしかないなという覚悟ですかね」」の画像9

当時の記事を読む

矢部太郎のプロフィールを見る
フジテレビュー!!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「矢部太郎」に関する記事

「矢部太郎」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「矢部太郎」の記事

次に読みたい「矢部太郎」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク