強敵現る!?長峰柊磨(松村北斗)の母・真弓(斉藤由貴)と桜沢純(広瀬アリス)の間に女のバトル勃発!?

岩橋要(藤木直人)の過去が公になり、「サリュー」に最大のピンチ到来。一発逆転をかけた勝負に出るーー。

<ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』の関連記事>

柊磨(松村北斗)の母vs純(広瀬アリス)女のバトル!『恋なん...の画像はこちら >>

ギャンブル依存症で施設に入っていた柊磨の母・真弓が施設を抜け出し、柊磨の元へやって来る。

本人の強い希望で、しばらく柊磨の家で同居することになるが、奔放なキャラクターの奥に潜む息子への底知れぬ愛と自分に対する強い敵意を感じた純は、不安を覚える。

柊磨(松村北斗)の母vs純(広瀬アリス)女のバトル!『恋なんて、本気でやってどうするの?』第7話予告
『恋なんて、本気でやってどうするの?』シーン写真

一方、清宮響子(西野七瀬)は週に1回、「サリュー」の厨房(ちゅうぼう)で要から料理を教わっていた。たとえ恋人にはなれなくても、2人の時間にささやかな幸せを感じていた響子。

柊磨(松村北斗)の母vs純(広瀬アリス)女のバトル!『恋なんて、本気でやってどうするの?』第7話予告
『恋なんて、本気でやってどうするの?』シーン写真

しかしその矢先、要の過去がネットニュースで取り上げられ、何も知らなかった純や真山アリサ(飯豊まりえ)はぼうぜん。

店のオーナーである柊磨の父・岡下次郎(小市慢太郎)は、もはや店の存続は困難だと考えすぐに閉店すると宣言。

しかし、何としても店を残したい柊磨は次郎にある提案を持ちかける。

柊磨(松村北斗)の母vs純(広瀬アリス)女のバトル!『恋なんて、本気でやってどうするの?』第7話予告
『恋なんて、本気でやってどうするの?』シーン写真

案の定、「サリュー」は“前科者のシェフがいる店”というレッテルを貼られ、客足が遠のいてしまう。

責任を感じた要は、店がつぶれる前に辞めると言い出すが、なんとか打開策を模索していた純が、イチかバチかのある作戦を思いついて…。

柊磨(松村北斗)の母vs純(広瀬アリス)女のバトル!『恋なんて、本気でやってどうするの?』第7話予告
『恋なんて、本気でやってどうするの?』シーン写真

この記事の画像

「柊磨(松村北斗)の母vs純(広瀬アリス)女のバトル!『恋なんて、本気でやってどうするの?』第7話予告」の画像1 「柊磨(松村北斗)の母vs純(広瀬アリス)女のバトル!『恋なんて、本気でやってどうするの?』第7話予告」の画像2 「柊磨(松村北斗)の母vs純(広瀬アリス)女のバトル!『恋なんて、本気でやってどうするの?』第7話予告」の画像3 「柊磨(松村北斗)の母vs純(広瀬アリス)女のバトル!『恋なんて、本気でやってどうするの?』第7話予告」の画像4
「柊磨(松村北斗)の母vs純(広瀬アリス)女のバトル!『恋なんて、本気でやってどうするの?』第7話予告」の画像5