岩井勇気 2年ぶりのエッセイ本出版に自信「島崎和歌子さんと磯野貴理子さんに捧げる」

岩井勇気 2年ぶりのエッセイ本出版に自信「島崎和歌子さんと磯野貴理子さんに捧げる」
拡大する(全3枚)

9月27日(月)、お笑い芸人ハライチ岩井勇気著書のエッセイ集「どうやら僕の日常生活はまちがっている」の刊行記念・囲み取材が行われた。

この作品は、2年ぶりの発売となる岩井のエッセイ集第2弾。のどに刺さった魚の骨に悶絶するやいなや、スピーチを頼まれた同級生の披露宴をすっぽかす。地球最後の日に食べるものをひたすら想像しながら、寅さんの映画に突然涙する話などを収録。また、岩井による初の小説も収録している。

岩井勇気 2年ぶりのエッセイ本出版に自信「島崎和歌子さんと磯...の画像はこちら >>

ピース又吉からもらったアドバイス「小説家の方が手厚く扱われんねん」

ひょうひょうとした表情で取材会場に姿を見せた岩井は、「第2弾のエッセイが明日発売になりますので、今日はできる限り記者さんの質問に答えさせていただきたいと思います」とあいさつ。

前作の「僕の人生には事件が起きない」が累計10万部の大ヒットしたことを受けて、「1冊目のときは、最初に書いたエッセイと最後の方では、技量が違うところがあったんで、2冊目が本当のスタートです。2冊目が1冊目であり、1冊目は素振りですね。2冊が本試合。『素振りで10万部いっちゃったな』という感じはありますね」と自画自賛。

また本作について、「最後に小説を書かせていただいて、エッセイから小説をそのままスルーっと読めるようになっていますし、小説を読んでからエッセイを読み直すと、エッセイも小説のような感じを味わえるようになっています」と解説。

初めて小説を書いた感想を、「エッセイの延長上で書きました。エッセイを50本近く書いているので、その書き方で小説が書けたな、と。ピースの又吉直樹さんにお会いしたときに『小説書けって言われるやろ。出版社はすぐ言ってくんねん』と言われ、『確かに出版社に言われたような気がします』と話したら、『2冊目を書いてからにしな』とアドバイスをもらったので、今回の2冊目の本に小説を書いたのは、それを参考にした部分はあります」と明かした。


この記事の画像

「岩井勇気 2年ぶりのエッセイ本出版に自信「島崎和歌子さんと磯野貴理子さんに捧げる」」の画像1 「岩井勇気 2年ぶりのエッセイ本出版に自信「島崎和歌子さんと磯野貴理子さんに捧げる」」の画像2 「岩井勇気 2年ぶりのエッセイ本出版に自信「島崎和歌子さんと磯野貴理子さんに捧げる」」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

島崎和歌子のプロフィールを見る
フジテレビュー!!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「島崎和歌子」に関する記事

「島崎和歌子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「島崎和歌子」の記事

次に読みたい「島崎和歌子」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク