「毎回、無で役を取り込む」富田望生の役作りに古市憲寿「疲れちゃわない?」
拡大する(全5枚)

「今やっている作品が遺作になってもいい」と語る女優・富田望生。21歳にしてバイプレーヤーとして活躍する富田の素顔に、社会学者の古市憲寿が迫った。

12月16日(木)放送のフジテレビ『めざまし8』の「古市憲寿のエンタメ社会学」では、どんな個性的な役でも全力で演じ切り、多くの作品に引っ張りだこの富田をゲストに招いて放送。古市が、“憑依型”と評される富田の役作りの秘訣や素顔を解き明かしていく。

「その役がしていそうな生活を、自分自身に投影しながら生きる」

「毎回、無で役を取り込む」富田望生の役作りに古市憲寿「疲れち...の画像はこちら >>

現在21歳の富田は福島県いわき市出身。2011年の東日本大震災を機に母親と上京後、「離れた友達が見てくれるかな」という思いで自ら俳優オーディションに応募。デビュー作の映画「ソロモンの偽証」(2015年)では体重を15キロ増やし、ドラマ『教場』(2020年)では警察学校の生徒役を演じるために役柄に見合った運動量こなす生活をするなど、徹底した役作りをするという。富田:もともと、演じている役を家庭にも持ち込みやすいタイプです。プライベートの時間で同級生と会うことによって、本来の自分自身に戻る時間を大事にできてるかなと思います。

古市:じゃあ、映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(2018年)で演じた感じの悪いコギャルの高校生役のときは、家で大変だったんですか?

富田:口が悪くなってしまうんですよね。話し方も早いし、声も大きいし。母親にも、「ちょっとなんか最近お口悪いですね」みたいなことを言われたりして…「もう許してよ!」みたいに言って(笑)。


この記事の画像

「「毎回、無で役を取り込む」富田望生の役作りに古市憲寿「疲れちゃわない?」」の画像1 「「毎回、無で役を取り込む」富田望生の役作りに古市憲寿「疲れちゃわない?」」の画像2 「「毎回、無で役を取り込む」富田望生の役作りに古市憲寿「疲れちゃわない?」」の画像3 「「毎回、無で役を取り込む」富田望生の役作りに古市憲寿「疲れちゃわない?」」の画像4
「「毎回、無で役を取り込む」富田望生の役作りに古市憲寿「疲れちゃわない?」」の画像5